片山修(経済ジャーナリスト)

 やっぱりというべきか。私は、『サムスン・クライシス』という本を1年前に共著で出版しましたが、その通りになりましたよね。

 簡単に経緯を振り返ってみましょう。サムスンは、今月11日、発火事故が相次いでいたスマーフォン「ギャラクシーノート7」の生産、販売を打ち切る決断を下しました。生産停止せざるを得ないほど危機的状況であると同時に、これ以上ブランドが傷ついたり、傷口が広がるのを防ぐ狙いがあったといえますね。
韓国サムスン財閥創業家の長男、サムスン電子の李在鎔副会長(ロイター)
韓国サムスン財閥創業家の長男、サムスン電子の李在鎔副会長(ロイター)
 ご存じのように、サムスンは近年、世界のスマホ市場において、アップルと鍔迫り合いをくり広げてきました。そのスマホの主力商品であり、稼ぎ頭である最先端機種を打ち切るとは、大きな決断です。間違いなく、実質トップの創業家三代目、李在鎔さんが意思決定に関わっているでしょう。

 「ギャラクシーノート7」は、サムスンが今年8月、韓国や米国などで発売しました。直後から、発火事件が相次ぎ、9月に入って、サムスンは「一部の電池に異常がある」として、ほぼ全量にあたる250万台のリコールを表明。不具合品を新品に交換する処置をとりました。

 ところが今月4日、交換済みの「ギャラクシーノート7」が、航空機内で発火事故を起こしました。「原因は電池にある」としたことさえ確かではなくなり、11日、サムスンは生産、販売停止を発表。全製品を交換もしくは返金するとしました。

 その後も、同15日、米連邦航空局は「ギャラクシーノート7」を航空機内に持ち込むことを禁止。日本の国土交通省も17日、これに続きました。

 私は2011年、『サムスンの戦略的マネジメント』(PHPビジネス新書)、また、冒頭で述べたように15年『サムスン・クライシス』(張相秀氏との共著・文藝春秋)を上梓しました。

 これらの執筆にあたり、複数のサムスン関係者を取材しましたが、11年、あるサムスン幹部がこう話したのが強く印象に残っています。「今後5年間に必要とされる人材は、すでに手当てしたから大丈夫だ」と。

 その11年から、今年が5年目にあたります。いま、サムスンは大きな変化のときを迎えているのは間違いありません。