井本省吾(元日本経済新聞編集委員)

 約10年前の2006年7月に発刊された「大地の咆哮」(PHP)という中国観察記と対中外交論がある。著者の杉本信行氏は、いわゆる「チャイナスクール」の外交官だ。

 杉本氏は2006年、末期癌で57歳で病死。本書はその覚悟のもとに書かれている。それだけに中国の反応を気にせずに書かれた内容は率直で、チャイナスクールとは思えないほど相手の問題点についての洞察は深い。幹部の汚職と腐敗、深刻な水不足問題、搾取される農民、反日運動の背景、靖国神社参拝問題の政治的背景、格差拡大など、深刻な問題の真実をえぐっている。

 私は史実を捏造、歪曲し、世界に宣伝する中国や韓国に対抗するために外務省が全力を上げて取り組むべきだと、当ブログで繰り返し提唱してきた。それをやらずに沈黙を通してきた外交官を無為無策、面倒な仕事をやりたがらず怠慢だと厳しく批判してきた。
 だが、実際には一生懸命やっているまじめな外交官も少なくない。杉本氏はそうした良心的外交官の典型だろう。氏は日本のODAが十分に生かされるよう、日本のODAを活用した地方の農村で小学校建設などに注力してきた。それが長期的に日中友好に役立つと信じてのことだ。

 ここにこそ良心的外交官の限界がある。杉本氏は中国の腐敗、汚職、非民主的な地方での経済運営と、それによる人民の貧しさ、苦闘を見聞きし、肌身で感じている。一党独裁のこの国で、格差拡大、腐敗・汚職を廃絶することなど容易ではないこともわかっている。

 中国政府の幹部が国のためでなく、私利私欲、自己保身のために備えていることを、杉本氏は良く知っている。

<(幹部の)子弟たちの多くは海外留学に出ているが、将来、中国人民共和国のために働くというより、共産党の支配体制が崩れた場合に備えているといったほうが正しいのではないだろうか。海外留学生たちの多くが中国に帰らず、そのまま留学先にとどまり、そこでの永住権を得る例が多いことがそれを物語っているともいえる>

 これだけ、実態を正確に把握しながら、杉本氏は中国と距離を置こうとしない。

<中国は日本にとって、時としてやっかいな隣国である。しかし、だからといって日本は引っ越すわけにはいかない。中国が日本にとって好ましい存在になるように全力を尽くすのが外交の要諦だと考える。少なくとも中国の失敗のつけが日本に回ってこないよう賢明に立ち回ることが大事だ>

 日中友好第一なのである。この考え方こそが、日本の外務省の間違いであり、日本の国益を害してきたといえる。