岡本裕明(Blue Tree Management 株式会社 代表取締役)

 ネット情報の便利な点の一つに欲しいテーマについて情報が集まっている点があります。ニュースサイトでも関連ニュースが記事の下にずらっと並んでいますし、ファッションでも雑貨でも自動車でも趣味の分野に様々なブログやメルマガが立ち上がっていますがそれらを一括で取りまとめれば読み手としては便利であります。まとめサイトのことをIT用語でキュレーションサイトと呼ぶそうですが、最近、急速に問題視されるようになってきました。
 ことの発端はDeNAが運営していたキュレーションサイトの一つで医療系の内容を取り扱うWELQに於いて不正確なものがあり、読者から批判が出ていた為、同社が運営するキュレーション サイトを確認したところ、信憑性の確認ができず、全キュレーションサイトの閉鎖に追い込まれたものです。日経の後追い記事を見る限り同様のサイトを持つリクルートやサイバーエージェント、ヤフーでも一部サイトの閉鎖や見直しを行っているようです。

 正直、この問題の扱いは難しいと思います。 情報にどこまで信憑性を持たせるのか、すべての情報がいつも正しいかといえばそれはあり得ません。報道機関でも誤報はしばしば起きています。私が愛読する日経も一面トップが誤報だったことはしばしばあります。あるいは誤報かどうか、その判断は文面をじっくり読まないとひっかけられることもしばしばです。記事内容は条件付き肯定文になっていてもタイトルはあたかも無条件でそうなると思わせるような書き方をするケースもしばしばです。

 これは数年前から特に顕著に表れたケースなのですが、非常に強いトーンのタイトルで読者を引っ張り込むのが一種のテクニックのようになったためにタイトルと内容が合致しないこともしばしばあるのです。私がかつて記事を提供していたところでも内容はそのままでタイトルはよりアグレッシブなものに書き換えられていました。

 また、キュレーションサイトの場合、投稿内容は似たような記事が中心となるため、投稿者が競合意識を持ち、極端な書き方をするケースも出てきます。傍で見ていて「やりすぎだろう」と思ったこともしばしばですが、そのような気を引くサイトが更にヤフーなど総合型のポータルサイトに転載されればまさにそのトーンが市民権を得たような形にすらなりかねないのです。