避けようのない年内解散が目前に迫ったSMAP。目下、ファンを心配させているのが、解散後の5人の動向である。

 11月、『東京スポーツ』が香取慎吾(39才)の芸能界引退を報じた。ジャニーズ事務所との契約が切れる2017年9月をもってタレント業の一切を辞め、画家など芸術家転身を視野に入れているのだという。
タワーレコード渋谷店に設けられたSMAPの特設コーナー=12月2日
タワーレコード渋谷店に設けられたSMAPの特設コーナー=12月2日
 翌週には『フライデー』が香取のアメリカ留学説を報じ、12月初旬、『週刊新潮』が「『SMAP』解散後のプランA」と題する大特集を組んだ。2017年9月以降、中居正広(44才)が独立して事務所を立ち上げ“社長”に。元マネジャーが合流し、香取、稲垣吾郎(43才)、草なぎ剛(42才)の3人も中居の新事務所について行く予定だと報じている。

 この2か月、メディアが雪崩を打ったように独立説に傾いた背景には何があるのか。SMAPに縁深い芸能関係者が語る。

「確かに、独立騒動後、中居の心にはジャニーズを離れるという選択肢はくすぶっていた。草なぎのみ1月スタートのドラマを撮影中で、3人に新しい仕事が入っていない点も独立説に拍車をかけたようです。一部で、中居が“社長”として後輩に声をかけているとも報じられましたが、確かに最近ある番組で中居がキスマイの藤ヶ谷(大輔)と旅行したことを明かしている。中居が後輩を旅行に誘うなんて聞いたことがなく、独立説が真実味を帯びて語られるようになりました」(芸能関係者)

 しかし現実はさにあらず。

「ジャニーズ側が個人の裁量に任せるというスタンスを見せたため“独立”が加速しましたが、事態は流動的で、メンバーが現時点で独立を決断しているわけではない。一連の報道を耳にした香取は“エッ、そんな話になってるの…。オレやめないよ”と驚いていたそうです」(前出・芸能関係者)

 事実、香取は本誌12月8日号のインタビューで15年目を迎えた自身のレギュラー番組『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)を振り返り、こう語っている。

《16年目も気持ちは変わらずにルーティンのままで、スタッフを信じて、スタッフに任せて(中略)。次の15年後は54才か~…。そのときも、僕がやっていることもそうですけど、大下さん(編集部注:サブ司会の大下容子アナ)と一緒に番組を続けていられたらいいですね》

『スマステ』について、テレビ朝日側はSMAPの解散後も名前を変えずに放送を続けることを発表している。レギュラー番組の未来を語る香取の“引退”はない。

関連記事