小浜逸郎(批評家)

免許返納制度強化への異論


客:久しぶり。この前会ったときよりだいぶ老けたな。

主:なにしろ、もうすぐ古希だからな。そういうおぬしも人のことは言えんぞ。

客:そりゃそうだ。ところで君はまだ運転やってるのか。
主:何だ、やぶからぼうに。まだやってるよ。仕事で必要だしドライブは好きだからな。

客:いや、最近ほら、高齢者ドライバーが起こす事故が連続して起きているだろう。ここに新聞を持ってきたんだが、十一月十二日、立川市で乗用車が歩道に乗り上げ二人死亡。十日には栃木県で乗用車がバス停に突っ込み三人死傷。十月二十八日には横浜市で軽トラックが小学生の列に突っ込み七人死傷。十三日にも小金井市と千葉県で交通死亡事故。運転していたのはいずれも八十歳以上の高齢者とある。こう続くと俺も運転するのが怖くなってくる。

主:たしかに年を取ると、自分ではちゃんとしているつもりでも判断能力や運動神経がどんどん鈍ってくるからな。俺も気を付けるようにしてはいるけどね。

客:しかしこの横浜の事件では、認知症の疑いがあったそうだ。認知症だったら「気を付ける」なんて次元の問題じゃないだろう。

主:その人はいくつだったの。

客:八十七歳。

主:八十七歳かあ。そんなに高齢じゃ、認知症を疑われるのも無理はないな。家族がちゃんと監視して運転をやめさせるべきだな。

客:いや、一人住まいだったのかもしれない。孤独な老人が増えてるからな。それに、認知症でなければいいのかというとそうも言いきれないだろう。あと数年で俺たち団塊も七十五歳だぞ。こういう事件がどんどん増えるんじゃないか。

主:でも、地方の過疎地域なんかでは車がないと買い物にも医者にも行けない人が多いんだろう。簡単に免許返納というわけにもいかんじゃないか。

客:自動運転車の早期実用化や地域の協力体制が求められるな。でも、それを待っているあいだにも事故は起きるだろうしな。だから、どうしても規制強化が必要だと思う。