門田隆将(ノンフィクション作家)


 よくやった、と思う。滋賀県彦根市の中学3年の男子生徒2人(14歳)を滋賀県警少年課と彦根署が「暴行」と「強要」の容疑で逮捕した件である。

 この男子生徒2人は、昼休み時間に同級生の男子を空き教室に連れ込み、カッターシャツを無理やり脱がせ、ズボンや下着を自分で脱ぐよう要求し、さらに、引っ張り脱がせて全裸にした。

 報道によれば、2人のうち1人がそのようすを携帯電話で数枚撮影し、仲間で共有する携帯電話のアプリで見られるようにしたという。
男子生徒が自殺した大津市の市立中学
(写真はイメージです)
 翌日、被害生徒の元気のないようすに気づいた担任教師が本人から聞き取って、この事実が判明したそうだ。学校はただちに彦根署に相談し、被害生徒が「被害届」を出して逮捕に至ったのである。

 私は、遅きに失したとはいえ、この一件を「いじめ問題」のターニングポイントにして欲しいと思っている。なぜなら、この学校側の対処と警察の出方は、「いじめ対策」の根本に据えるべき画期的なものだからである。

 今まで長い間、日本の教育現場で「いじめ」への抜本対策が取られてこなかった最大の原因は、大人たちの“事なかれ主義”にある。

 教師たちは、自分の指導力不足を指摘されないようにできるだけ「いじめ」を否定し、時には「気がつかないふり」をし、学校側は、常にできるだけ表沙汰にならないよう水面下でコトの決着をはかろうとしてきた。

 その過程で、いじめ被害を受けた生徒が「自殺」という方法をとり、一方、それでも学校側は「いじめが自殺の原因かどうかはわからない」という判で押したような弁明に終始してきたのである。

 警察も、たとえ相談を受けても、滋賀・大津のいじめ事件のように「それは教育現場でのこと」と門前払いするケースがほとんどだった。すべては、大人たちの“事なかれ主義”に起因するのは言うまでもない。