日本に対する戦争賠償を求める中国の民間団体は、日露戦争後に中国から日本に移され、皇居内で保管されている唐の時代の石碑「鴻臚井(こうろせい)碑」の返還を求める動きを見せ始めた。だが、「そもそもこの団体に石碑の返還を求める資格があるのか」といった疑問の声も上がっている。日中関係筋は「財産返還を求める事案というよりも、日本のイメージ低下を狙った新たな反日の動きの要素が強い」と警戒している。

 中国メディアの報道などによると、返還が求められている「鴻臚井碑」は、横幅3メートル、高さ1・8メートル、重さ9・5トンの石碑で、碑文には、713年に唐が渤海王を「渤海郡王」に冊封したことなどが記されている。日露戦争で旅順を占領した日本軍がその地にあった石碑を運び出し、戦利品として明治天皇に献上したという。
 中国の民間団体「中国民間対日賠償請求連合会」は、この石碑は「日本軍に略奪された」と主張し、8月上旬、北京の日本大使館を通じて、日本政府と天皇陛下宛てに返還を求める書簡を送ったことを発表した。宮内庁は産経新聞の取材に対し、「石碑は日本の国有財産で公開していない」としたうえで、返還要求については「現時点でコメントできない」と話している。

 戦争などを理由にある国の文化財が別の国に移され、その後、返還を求められることは国際社会ではよくある。当事国間の交渉で返還されたものもあれば、拒否されたものもあり、ケース・バイ・ケースだ。

 しかし日中関係筋によれば、今回のケースは、中国国内における反日運動の新たな手口の可能性が極めて高く、同筋は「日本は慎重に対応する必要がある」と指摘した。

 石碑の返還を求める団体の実質的な責任者は、反日活動家として知られる童増氏である。今年初めから3月にかけて、第二次大戦中に日本に連行され、重労働を強いられたと主張する元中国人労働者らをまとめ、日本企業に損害賠償を求める裁判を中国各地で起こす動きを主導した人物だ。

 日中両政府間で1972年に署名した「日中共同声明」には、中国側が日中戦争に対する賠償を放棄したことが明記されており、中国政府は日本に戦争賠償を求めることができなくなった。しかし童氏らは民間賠償の名目で、日中戦争中に被害を受けた中国人らを捜し出し、日中両国の裁判所で対日賠償訴訟を起こすなど、精力的に活動を続けてきた。

 今回、童氏らが返還を求めた石碑は、日中戦争前に日本に移されたものであるため、「請求権を放棄した日中共同声明と矛盾しない」(中国人学者)という。

 童氏は周辺に「石碑のことは2カ月ほど前に初めて知った」と語ったとされる。石碑に思い入れがあるというより、反日活動家として「日本が中国から物を奪ったこと」を国内外に積極的にアピールするのが目的とみられる。

 北京の日本問題専門家は「日中国交正常化から40年以上たつが、中国が公式に石碑の返還を求めたことはなかった。今回、石碑と縁もゆかりもない一民間団体が日本政府に返還を求めるのはおかしな話だ。童増氏らは中国共産党内の反日勢力の別動隊の可能性もある」と話している。
(中国総局 矢板明夫)