八幡和郎(徳島文理大学教授、評論家)

 陛下の退位についてのお言葉を昨年8月8日にビデオメッセージでテレビ放送してからというもの、天皇と内閣を対立的にみて陛下を自分の陣営に引き込んで政治を動かす、今の天皇は良いから支持する、陛下のご希望だからかなえてあげたい、という一連の困った動きがあるが、これらは、いずれも憲法と天皇制を危機に陥らせかねないものだ。
天皇陛下がお気持ちを表明されたビデオメッセージを放送する街頭ビジョン。多くの人が足を止めてお言葉を聞いた=2016年8月8日、大阪市中央区(前川純一郎撮影)
天皇陛下がお気持ちを表明されたビデオメッセージを放送する街頭ビジョン。多くの人が足を止めてお言葉を聞いた=2016年8月8日、大阪市中央区(前川純一郎撮影)
 陛下の希望通りに、という人たちの一部は、それを梃子に、陛下は憲法改正を望まれていないとか、この政策に反対されているはずとか、訪韓して謝罪されたがっているとか、皇位継承についても陛下のご希望をお聞きしてその通りにしろとかエスカレートしている。

 とくに訪韓させて謝罪させようというのが彼らの最大の目標だと思う。恐ろしいことだ。

 あえて言うが、あのテレビでのお言葉の発表の仕方は失敗だったと思う。一般論だが、君主が自分の口から明快で詳細な意見を言うのは危険だし、その危惧が当たってしまったといってよい。

 本来なら、陛下のご希望は、退位の可能性について検討する作業を開始する背景説明として内閣から触れる程度で良いし、もし、特に陛下が自分の言葉で思いを伝えたいというのであれば、記者会見などで質問に回答するというかたちで示されたほうがよかった。

 象徴天皇でなくとも、君主制における一般論として、君主が自分の意見を表に出すと、その意見そのものや、それを出したことの是非について、国民から自由に批判をされることを甘受しなければならないし、また、結果に責任を持たなくてはならなくなり、君主制度の安定のためにはよろしくないのだ。

 とくに、今回のように、日本国民のかなりが第二の玉音放送的な受け取りをするという、象徴天皇制においてあるまじき反応をしたのは、大きな誤算だったと思う。

 そういうことになったのが、国民のレベルが低いのか、マスコミが悪辣なのか、内閣のミスなのか、宮内庁が悪いのか、はたまた、陛下の見通しが甘かったのか。様々な要素がどう混じり合っているかは議論しないが、せっかく今上陛下が象徴天皇制の徹底を生涯通じて推進されてきた趣旨と、著しく反する経過になったことは否定できない。

  天皇陛下のご希望だからかなえてあげなくてはという発想は反憲政主義だ。君主が自分の希望はこうだが、あとは、みんなで相談してよきにはからえと仰っているのに、君主の希望がこうだからこうするなどということになると、君主はその決断に政治的責任をもたねばならなくなる。これは、君主制にとって極めて大きいリスクをもたらす。