前回(「多くの日本人が疑問に思うこと」)に引き続き、なぜ韓国は日本が何度となく謝罪や賠償を行っても、許さないのかという話をいたします。

 それを一言でいえば「そういう国だから」という答えになります。ふざけた言い方に聞こえるかもしれませんが、一言で言いあらわそうとすると、本当にそうなるのです。これで話を終えれば本当に「ふざけるな」といわれるのは間違いないので、今から順を追って説明いたします。

 その国がどういう国なのかを知ろうと思えば、その国民性を見る事も重要ですが、何と言っても、国家の成り立ち(歴史)や統治形態(法令等)を見るのが一番の近道です。特に憲法、中でも「前文」を読み解き現実と対比させれば、その国が、おおよそどの様な国であるのかという様な事がわかります。一例をあげると、いわゆる日本国憲法は前文で「(前略)平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。(後略)」と謳い、まさに「自国の命運を他国に委ねる」という無責任国家の本質を端的に表しています。

 では「大韓民国憲法」の全文はどうなっているのかというと、

 「悠久の歴史と伝統に輝く私たち大韓国民は己未三一運動で大韓民国を建立し(中略)檀紀4281年7月12日に憲法を制定する」 ※注

となっています。

 ここで、韓国の歴史を多少なりとも知っている人は、何かがおかしいと感じるはずです。韓国=大韓民国の独立の宣言は1948年8月15日に初代大統領の李承晩が行っているのですから、おかしいと思うのは当然の事です。では、大韓民国が建立されたという「己未三一運動」とは、一体何なのでしょうか? それは、1919年3月1日、日本統治時代の朝鮮で起こった、反日暴動のことです。この運動自体の評価は諸説いろいろとありますが、要約すると、33名の宗教家が独立宣言書を作成し、それに共鳴した民衆がデモを起こしたという事件です。デモに参加した人数は多いものの運動は約2か月で収束し、処罰された人数の少なさや量刑の軽さ、何の成果もあげられなかったことを客観的に見ると「建国」とはほど遠いのが実情ですが、彼らに言わせると宣言書を読み上げただけで、大韓民国臨時政府ができたということらしいです。その後、臨時政府は上海、重慶と場所を移して光復軍を創設し、連合国の一員として日本と戦い、勝利し自力で独立を勝ち取ったそうです。つまり、韓国という国が自国の建立を、国際社会が認めた独立宣言ではなく、自分勝手に遡って設定していることが、この前文から分かるわけです。

 このことを、分かりやすく書けば

 朝鮮(清の属国)→大韓帝国→大日本帝国→アメリカ軍政→大韓民国

 という本来の歴史を

 朝鮮→大韓帝国→日本植民地→臨時政府→大韓民国

 というふうに書き換えているということです。

 以上、韓国が「そういう国」であるという説明です。

 次回は、それがなぜ反日に結びつくのかを説明いたします。

 ※、韓国は1948年の憲法制定から現在に至るまで9回、改憲されています。上記は制定時のものですが、現在においても(中略)より前の文言はほとんど変わっていません。