茂木健一郎(脳科学者)

 ここでは、将棋や囲碁を題材に、人間と人工知能の関わりについて考える。思考のきっかけになったのは、最近の一連の事件であることは確かである。

 昨年、グーグルの子会社ディープマインドの開発した「アルファ碁」が世界チャンピオンのイ・セドルさんを破ったことは衝撃を与えた。囲碁だけではない。将棋のソフトの能力も向上し、そのことが背景になって、将棋連盟を揺るがす事件があった。

 昨年末には、インターネット上の囲碁対局サイトに「マスター」を名乗る謎の対局者が現れ、トップ棋士を相手に60連勝。後に、「アルファ碁」の進化形であったことが明らかにされた。このような時代に、人間と人工知能の関係を考える上で、将棋や囲碁が、いわば「炭鉱のカナリア」の役割を果たしていることは事実である。

 以下の議論では、特定の事件や人物に言及することは敢えてしない。時事ニュースは大切だが、それによってより長い時間のスケールから見た本質が見えなくなってしまうことがあるからだ。

 問題にしたいのは、次のような本質的な問題である。

 人間は、急激に進化する人工知能の前に、屈するしかないのか? 人工知能時代における人間の役割は、どのようなものなのか?

コンピューター将棋ソフト「ボンクラーズ」と戦い、
敗れた米長邦雄永世棋聖=2012年1月14日、
東京・千駄ケ谷の将棋会館
コンピューター将棋ソフト「ボンクラーズ」と戦い、 敗れた米長邦雄永世棋聖=2012年1月14日、 東京・千駄ケ谷の将棋会館
 先に挙げた最近の幾つかの出来事で、少なくとも囲碁や将棋においては、もはや人工知能が人間を凌駕しており、人間界のチャンピオンでも勝てない状況になっているらしいということが推測されるようになった。

 もちろん、興行的にはこれからも人間と人工知能の戦いが開催されるだろうが、その結果は恐らく人間の負けとなる。

 それでは、囲碁や将棋において、人間どうしの対戦はもはや意味がないのだろうか? 人工知能と人間の対決は、どうなのか? そもそも、これからの時代、将棋や囲碁の棋士に存在価値があるのか?

 将棋や囲碁は、時に「頭脳スポーツ」と呼ばれることがある。実際、過去に、マインドスポーツ、頭脳版オリンピックというかたちで、大会が開催されたことがあった。

 結局、この問題は、「スポーツ」ということの原点に戻らないと本質が見えないと思う。そして「スポーツ」の本質に寄り添って考えることで、これからの人工知能時代における人間にとっての活路が見えてくると私は考える。