【日曜講座 少子高齢時代】

河合雅司(産経新聞 論説委員)



3割が交際望まない


 厚生労働省の人口動態統計の確定値によると、2015年の婚姻件数は63万5156組で戦後最少となった。

 婚外子の少ない日本は結婚と出産とが深く結びついており、婚姻件数の落ち込みは出生数の減少に直結する。

 ところが、「結婚すれば子供が生まれる」という“常識”が過去のものとなってきたようだ。

 国立社会保障・人口問題研究所の「第15回出生動向基本調査」(2015年)の夫婦調査によれば、完結出生児数(夫婦の最終的な平均出生子供数)も過去最少の1・94人であった。5年前の前回調査で初めて2人を下回ったが、歯止めがかかっていない。
 これらの数値以上に深刻なのが、恋人のいない若者の急増である。第15回出生動向基本調査の独身者調査で、交際相手のいない未婚者(18~34歳)が男性で69・8%、女性は59・1%に上った。極めて高い水準である。前回調査と比べて男女とも10ポイント近い伸びであった。

 「とくに交際を望んでいない」と回答した人も、男性は未婚者全体の30・2%、女性は25・9%に及んでいる。出会いがなければ、結婚や子育て支援どころでない。

「恋愛が面倒くさい」


 なぜ、若者は恋愛をしなくなったのか。社会学者などは「インターネットの普及で情報過多になり、恋愛というプロセスそのものに関心をなくした」と分析する。

 内閣府の「結婚・家族形成に関する意識調査(2013年度)」によれば、「恋愛が面倒」が男性47・3%、女性45・0%だ。「恋愛に興味がない」との回答も男性25・3%、女性30・7%だった。

 交際上の不安については、男女とも3人に1人が「自分には魅力がない」と思っており、女性の24・9%は恋愛感情を抱けるか悩んでいる。