【日曜講座 少子高齢時代】

河合雅司(産経新聞 論説委員)


65~74歳は減少傾向


 日本は高齢社会に突入したが、その実像はあまり知られていない。一口に「高齢者」と言っても年齢幅は広く、年代の偏りもある。

 総務省の報告書(9月15日現在)によれば、65~74歳(1764万人)と75歳以上(1697万人)の人口は拮抗している。

 75歳以上をさらに区分すると75~79歳が652万人、80~84歳が518万人、85歳以上は527万人。高齢者全体の3分の1近くを80歳以上が占めている計算だ。「高齢者」の高齢化が進んでいるということである。
 この傾向は加速していく。国立社会保障・人口問題研究所(社人研)の推計では、2017年には75歳以上人口が65~74歳人口を上回る。その後も75歳以上は増え続け、2050年頃には総人口の4人に1人が該当するという。

 一方で、65~74歳は2031年まで減少傾向をたどり、一旦は上昇に転じるが2041年に1676万人となった後に再び減り始める。

 65歳になったばかりの人と、100歳近い人とでは親子ほどの年齢差がある。これを、一くくりにして考えることには無理があろう。

1人暮らしが増える


 労働力不足対策として高齢者の活用が語られるが、企業が求める「比較的若い高齢者」ばかりではないのだ。

 むしろ「高齢者」の高齢化による懸念が広がる。例えば医療や介護費用の増大だ。健康は個人差が大きいとはいえ、75歳を過ぎる頃から大病を患う人が増える。

 健康であっても若い頃と同じとはいかない。足腰が弱り駅の階段などは障害となる。電車やバスの乗降に手間取る人が目立つようになれば、恒常的なダイヤの乱れとなろう。小売店でも商品説明や支払いに時間がかかる客が増え、効率性ばかりを追い求めては社会は成り立たない。

 「高齢者」の高齢化は男性より長寿である女性高齢者を増やす。前出の総務省の報告書では男性の1499万人に対し、女性は1962万人で463万人上回った。

 すでに日本女性の約3人に1人は高齢者だ。女性の“長き老後”をどう支えるかが今後の大きな課題となろう。