新井克弥(関東学院大学文学部教授)

「ラーメンは音をたてて食べるべきである」は正しいか?



「ヌーハラ」とは「ヌードルハラスメント」の略で、ラーメンなどの麺類を音をたてて食べるのが国際的なマナーに反していて下品ゆえ (「海外では一般に麺類を食べるときに音をたてるのはよろしくない」というマナー。この「海外」がどこを指すのかは謎)、ハラスメントに該当することを指している。

画像はイメージです
画像はイメージです
これに対して政治家の中田宏氏は11月25日のエントリー『ヌーハラ問題。「ラーメンは音を立てずに静かに食べましょう」・・・んなワケないでしょ!!』(http://blogos.com/article/199561/)で

「『Japan Guide.com』のサイト(英文)には「ずずっと音を立てるのは風味を引き出すので良い食べ方だ」と書いてありますし、このように日本のマナーをどんどん広げていくべきです。」

 と、音をたててラーメンなどの麺類を食べることを「美味しい食べ方」「日本のマナーとしてどんどんと広げていくべきです」とコメントしていた。つまり音をたてて食べるのがデフォルトだから、異文化の人間はこれをちゃんと理解すべきであるという主張だ。

 氏がこのように主張する根拠としてあげているのが以下のエピソードだ。

「私は過去にインドに行った時に手で食事をしたことがあります。
左は”不浄の手”とされ右手で食べるのですが、正直、自分の手を舐めるような変な感じがしました
これをかつて欧米人は「下品だ」と言い、また日本や中国の箸についても「下等民族の道具だ」などと言っていましたが、今では和食や中国料理が世界中にあるなかで上手くはなくても欧米人も自ら箸を使うようになりました。」

 ラーメン・蕎麦・うどんを音をたてて食べるのが美味しいと感じるのは僕も同じだ。横でモソモソと音もたてずに麺をすすっている人間に気づくと、こちらが逆にヌーハラを受けたような気分になってしまう。だから、中田氏の言わんとしていることは、わからないでもない。

 但し、留保がつく。それは「麺を日本、あるいは日本文化が支配的である環境で食べる場合」だ。中田氏の問題点は氏が依拠する、いわば「郷に入れば、郷に従え!」というところにある。そこで、これを今回の考え方のデフォルトとしてみよう。そうすると、中田氏は「郷に入れば、郷に従え!」を主張しながら、立ち位置を変えた瞬間「郷に入っても郷に従っていない」、つまり自家撞着に陥っていることがわかる。