田中俊英(一般社団法人officeドーナツトーク代表)



窪塚洋介と『池袋ウエストゲートパーク』


 さっき自分のFacebookタイムラインを流し読みしていると、懐かしのドラマ『池袋ウエストゲートパーク』放映から17年たったという記事が紹介されていた(「池袋ウエストゲートパーク」の最強出演陣 いまやエンタメ界をけん引)。17年とは中途半端だが、どうやらあのドラマに出演していた俳優陣(窪塚洋介や妻夫木聡等)が、いまでは最強の俳優たちになっているかららしい。
窪塚が、映画『沈黙』で好演していることも大きいだろう。

 山一證券倒産などを経て日本社会が本格的にグローバル化し始めてはいたが、『池袋ウエストゲートパーク』放映時の00年はまだ日本社会は「階層社会」とはなっていなかった。
 リーマンショックもまだで、少子高齢化社会がやってくると盛んにメディアが騒いでいた時期ではあるが、社会はまだのんびりしていた。

 そんな雰囲気のなか、池袋で、いまでいうマイルドヤンキーたち(あの頃は「チーム」という言葉がまだ残っていたかな)がブイブイ飛ばすこのドラマは僕にも新鮮だった。
 特に窪塚(キング)の存在は圧倒的で、その後たいへんな事故を乗り越えラッパーとなり『沈黙』に至る彼を見ていると、なんとなくしみじみする。加藤あいや森下洋子もよかった。

 だがやはり、00年は総中流社会の最後の最後の頃で、池袋の騒ぎは、マイナーな人々の騒ぎだった。下流層が5,000万人程度存在し(40%が非正規雇用で)、6人に1人が相対的貧困状態で、200万人以上が生活保護という2017年のいま、「池袋ウエストゲートパーク」は大都市の周縁に必ず存在する。
 そして、窪塚的カリスマは存在せず、逆に軟弱なマイルドヤンキーばかりが増殖して、近くの公園でたむろしたり家でスマホゲームしたりする。