西岡力(東京基督教大学教授)

 金正日の長男、金正男がクワラルンプール空港で暗殺された。現在、マレーシア当局の捜査が続いているが、韓国の国家情報院は金正恩の命令にもとづく北朝鮮工作機関によるテロだと判断している。私もその見方に賛成だ。

 ここでは第一になぜ金正恩が金正男を殺さねばならなかったのかという事件の動機と、第二に金正日時代の用意周到なテロと比べて今回のテロがあまりにも稚拙なやり方がとられた背景を論じたい。

金正男氏が殺害された空港の出発ゲート付近
=2月15日、マレーシア・クアラルンプール国際
金正男氏が殺害された空港の出発ゲート付近 =2月15日、マレーシア・クアラルンプール国際
 第一に、テロの動機についてだ。言い換えると金正恩は正男の何を恐れて殺さざるをえなかったのか、という問いだ。

 消去法で考えたい。金正男は北朝鮮国内ではまったく力を持っていない。正男の存在自体が北朝鮮国内で秘密とされてきたからだ。

 彼の母である成蕙琳は、人気女優であり著名な作家李箕永の息子である李平と結婚し子供も持っていたが、金正日に横恋慕され離婚させられ、正男を生んだ。しかし、人の妻を奪ったことに激怒した金日成はその結婚を認めなかったため、正男は通常の学校生活も送らず、家庭教師による教育を自宅で受け、その後、スイス留学に出た。

 過去、金正日が異母弟金平一を強く警戒していたケースと比較すると、平一は金日成に可愛がられ、母親の金聖愛が女性同盟委員長として絶大な権力をもっていたため、周囲に多くの人間が集まって平一閥を形成していたが、正男にはそのような追随勢力はまったく存在しない。

 それでは金正恩は正男の存在の何を恐れたのか。彼が中国の保護下にいたことが許せなかったのだ。金正恩は金正日の死後、5年以上経つのにいまだに北京を訪問できないでいる。それだけ中国共産党との関係がよくない。中国は米韓軍が自国と国境を接する事態をさけるための緩衝地帯として北朝鮮という国家の存続を望んでいる。しかし、金正恩政権に対しては、中国がずっと勧誘してきた改革開放政策を採用せず、核ミサイル開発に邁進し、軍事的緊張を高めていることを苦々しく感じている。そのことを金正恩もよく分かっている。

 正男は改革開放論者だった。1996年、年間100万人あまりの餓死者がでるほど経済が悪化している時期に、金正日から経済再建を任され、改革開放政策を採用しようと提案した。韓国に亡命した元統一戦線部の幹部張真晟氏はその頃、平壌で正男に会い、彼が以下のように話すのを直接聞いている。

「お父さんが国の状況がこの様子なので、私を見て国家経済をちょっと立て直してみろといいました。私は中国式改革開放以外に方法がないと考えます」

 ところが、その提案に接した金正日は「お前は経済よりまず政治から知らなければならない」といってその提案を退け、正男の周りで経済政策を準備していた者たちを逮捕した。改革開放を採用すれば経済は再建できるかもしれないが金一家の独裁体制は維持できないという金正日の冷徹な判断がそこにある。正男が北朝鮮を出て中国を拠点とする海外生活に入ったのはこの事件が契機だった。