伊東潤(作家)

 桶狭間とは知多半島の付け根、手越川(てごえがわ)が伊勢湾に注ぐ一帯のことを指している。この辺りは、なだらかな丘陵が幾重にも連なる田園地帯で、その間を縫うようにして、北から鎌倉往還、東海道、大高道(おおだかみち)という3本の街道が、ほぼ東西に走っている。
「桶狭間合戦概要図」(図版制作/ジェオ)
「桶狭間合戦概要図」(図版制作/ジェオ)
 鎌倉往還と東海道が伊勢湾に達しようとするところに鳴海(なるみ)城が、同じく大高道の出口に大高城が築かれていた。

 永禄3(1560)年、義元は、この2城を策源地として織田家に圧迫を加え、その支配下にある伊勢湾交易網を自らのものにしようとした。

 ちなみに信長の父・信秀は、尾張半国を制していたにすぎないが、伊勢神宮に移築資金700貫文(かんもん)を寄進したり、禁裏修理料として朝廷に4000貫文を上納したりするほどの経済力を持っていた。

 1貫文は現在の10万円くらいの価値があるので、4000貫文は4億円に相当する。とても尾張半国の大名が出せる額ではない。

 つまりそれだけ、伊勢湾交易網の生み出す利益は大きかったのである。

 まず義元は、調略によって在地国人の山口教継(のりつぐ)・教吉(のりよし)父子を傘下に収め、その拠点である鳴海・大高両城と、内陸部にある沓掛(くつかけ)城を手に入れた。

 さらに義元は、敵に通じた廉(かど)で山口父子を粛清した上、鳴海城には岡部元信、大高城には鵜殿長照(うどの・ながてる)という譜代の大身(たいしん)を入れる。

 こうした事態に危機感を抱いた信長は、鳴海・大高両城の奪還を期し、5つの付城(つけじろ)を築き、この2城を包囲した。

 義元は、こうした信長の動きに即座に反応する。

 駿河を出陣した今川勢は2万5千、一方の織田勢は2千とも3千とも言われているが、織田勢が、おおよそ10分の1程度の兵力だったのは間違いない。

 しかし知られている通り、沓掛城から大高城に向けて進軍する途次、織田方の襲撃を受けた義元は、呆気(あっけ)なく討ち死にを遂げる。

 そこには、どのような落とし穴があったのか。