小和田哲男(静岡大学名誉教授)

 今川義元といえば、多くの人が持つイメージは、お歯黒をして公家風な姿で、馬にも乗れなかった軟弱武将というものではないだろうか。永禄3年(1560)の桶狭間の戦いで、2万5000もの大軍を擁しながら、たった2000の織田信長に討たれたことがマイナスイメージにつながっていると思われる。

 たしかに、義元は尾張に攻め入ったとき、馬ではなく輿に乗っている。しかし、それは馬に乗れなかったわけではなく、足利将軍家から塗輿に乗ってよいという特別許可をもらっていたからであった。今川家は足利一門の名家だったのである。足利家から吉良家が分かれ、その吉良家から今川家が生まれている。義元は、尾張の田舎大名織田信長を権威で圧倒するため、輿に乗って出陣したわけであるが、かえってそれが仇になってしまった。

 また、お歯黒も貴族的といわれるが、それもまちがいで、当時、ある程度の身分の者は武士もお歯黒をしていたのである。

幕末の浮世絵師・月岡芳年が描いた今川義元の最期
(静岡県立中央図書館蔵)
 では、実際の義元はどのような武将だったのだろうか。今川家は、義元の父氏親のときに守護大名から戦国大名となり、兄氏輝の死後、兄弟の家督争いに勝って、義元は戦国大名今川家の3代目となる。義元のとき、それまでの領国だった駿河・遠江からさらに三河まで進出し、3カ国を支配することになり、「海道一の弓取り」などといわれる。これは弓の達人という意味ではなく、東海道一の武将といった意味である。

 もっとも、駿河・遠江・三河3カ国は米の生産量は意外と少なく、3カ国足しても100万石には達していない。そんな義元が「海道一の弓取り」といわれるのは、米以外の財源があったからである。一つは、金で、駿河にはいくつもの金山があった。安倍川上流の安倍金山、富士山麓の富士金山などが代表的で、ちょうど義元のころ、金鉱石から金を採取する灰吹き法という精錬法も伝わったため、莫大な産金収入があったのである。

 そしてもう一つは、商品流通経済の掌握で、東海道を使った物流を有効に利用している。伝馬制度を整備したり、また、城下町駿府の運営を商人頭にまかせ、さらに遠江の見付では、町衆たちの自治を認める代わりに年貢を余計に出させるなど、新興勢力ともいうべき商人たちと手を結び、国づくりを成功させていた。

 また、内政面でも今川家はこのころの戦国大名の最先端を走っていたといってよい。義元は、父氏親が制定した分国法、すなわち戦国家法「今川仮名目録」を追加する形で「仮名目録追加」を定めている。これは、単に不足していた条文を追加しただけでなく、時代の変化にともなう改訂も施しており、法による支配を徹底させたことになる。注目されるのは、その「仮名目録追加」第20条で、「只今はおしなべて、自分の力量を以て、国の法度を申し付け、静謐(せいひつ)する事なれば、守護の手、入る間敷(まじき)事、かつてあるべからず」としている点である。

 周知のように、室町幕府には「建武式目」と「建武以来追加」という形での室町幕府法があったが、義元は、「今川領国は自分の法で律する」と宣言した形であった。