橋場日月(歴史研究家・歴史作家)

 大河ドラマで人気の井伊直虎。劇中では今川家の重臣・関口親永の娘の瀬名(後の築山殿)が登場していた。その母は花總まりさんが演じ、佐名という名で紹介され、井伊直平の娘として生まれ今川義元へ人質として送り込まれたあげくお手つきとなり、飽きたら雑巾の様に親永に下げ渡されてしまったために実家の井伊をも恨んでいるという素振りだが、その裏で義元の母・寿桂尼に嘆願して直虎が今川の人質とされるのを阻止してくれた、という内容で描かれる。
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で馬を駆る井伊直虎を演じる柴咲コウ
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で馬を駆る井伊直虎を演じる柴咲コウ
 そして成長した瀬名(演じるのは菜々緒)は、北条と縁組した氏真への未練を友人となった直虎に書き送る。その傍らには駿府で人質生活を過ごす松平竹千代(後の徳川家康。演じるのは阿部サダヲ)。この人間関係がこの作品の柱となっていくわけだが、史実では佐名という女性の実名はわからない。ただ、彼女が井伊家の出であることは確かな様だ。

 彼女について言及している史料を並べてみよう。

『寛政重修諸家譜』
直平―女 今川義元養妹

『系図纂要』
直平―女 今川義元朝臣内室

     後関口刑部大輔親永妻

『井家粗覧』
直平―女 今川上総介義元内室、再嫁関口刑部少輔親永、東照神君簾中築山御前之母公是也

『井伊年譜』
初めは今川義元の側室となり、後に義元の妹となり、関口刑部大輔親永に嫁し、一女を生む。すなわち、義元媒となって神祖に嫁ぐ者、築山御前これなり

『井伊直平公御一代記』
徳川広忠は井伊直平別懇の事、御相談の上にて、直平の孫娘は年十三となるを娘分になされ、駿府へ遣わされ、義元公の娘分になされ候。直平娘は築山御前と申し候

 以上、最後の『井伊直平公~』のみが“直平の孫娘を徳川広忠(松平広忠。徳川家康の父)が養女としたうえで義元のもとへ送り、義元の養女とした、その母は築山殿”と情報が混乱錯綜しているが、そのほかを総合すると直平の娘が人質として駿府へおもむき、義元の側室となった後にその養妹とされて重臣の親永に嫁いだ、そして築山殿を生んだ、という経緯が確認できる。

 なお、ドラマ中では佐名は南渓和尚を「兄上」と呼んでいたが、『井家粗覧』の系図では彼女は直宗の次に入れられているため、彼女は南渓和尚の義姉、直満・直義らの実姉だったと思われる。

 今川義元は仏門に入っていたが、天文5年(1536)、兄・氏輝と彦五郎の死によって急遽還俗。花蔵の乱で異母兄弟の玄広恵探と今川家の当主の座をめぐって血で血を洗う戦いをくりひろげ、勝利をおさめた。その直後、直虎にとって大叔母にあたる女性(“佐名”)が人質として今川義元のもとに赴いたという流れだったと思われる。