中宮崇(サヨクウォッチャー)

 いまさら難しいこと書きません。もううんざりなんですよ。サヨク・リベラルどもの二枚舌、ダブルスタンダードには。

 サヨク・リベラルどもが、塚本幼稚園(大阪市)とやらに「ヘイト教育ニダ!」と喚きながら押しかけて園児や保護者を脅しあげているそうだけど、あんたらが散々「民族教育は朝鮮人の権利ニダ!」と喚き散らし擁護してきた朝鮮学校がやっていることとどちらが酷いんですか。どっちが「ヘイト」「洗脳」ですか。あんなのただの、拉致犯罪組織朝鮮総連の下部組織である工作員養成機関、いやテロ機関でしょ。




 この映像を見れば、朝鮮学校と称する拉致犯罪首領様礼賛組織を応援しつつ、塚本幼稚園に押しかけて園児に「人間じゃねぇ!叩っ斬る!」(by SEALDs首相官邸前デモ)とばかりに襲いかかるサヨクどもの異常さ邪悪さは、それこそ幼稚園児の目にだって明らかでしょうに。

 そう、今回に限らず、サヨク・リベラルどもの問題は、その主張や思想の中身にあるのではないんですね。「自分たちは神のごとく絶対的な正義の天使だ!」と思い上がり、偉そうにそして暴力的に他人に喚き立てる「正義」とやらを自分自身は守らず平気で暴力や差別・ヘイトを駆使して敵を「叩っ斬る」凶暴性と卑劣なダブルスタンダード。それがサヨク・リベラルの本質なわけです。つまり連中は自称するような「正義」でもそれどころか「リベラル」でも何でもない、ただのイカレタチンピラなんですよ。

 え? 読者の皆さんは信じられませんか?「いくらなんでも、サヨクとは言え、自分のことを正義だなんて臆面もなくほざくやつはいないだろう」と思いますか?いえいえ、そうした思い上がった、想像を絶するサヨクどもは本当にそこら中腐るほど観察できるんですよ。例えば先日も、数々の反日記事で有名なAP通信の影山優理記者がツイッターにてなんと、

 「私達記者は正義。がんばる」

 とそのまんまのツイートをしたばかり。しかもその傲慢さを批判する一般市民を次々にブロックし、普段偉そうに他人には「聞く耳を持つべきだ!説明責任を果たすべきだ!」と喚き散らし書き散らしているくせに、自分は全く聞く耳も持たず、説明責任も果たさぬ始末。これがサヨク・マスゴミ連中の信じる「正義」の中身なのだから、そりゃよほど頭のおかしい人、例えば北朝鮮の手先やサヨクのお仲間同士でもない限り、だーれもまともに相手してくれるわけないでしょうなぁ。