中宮崇(サヨクウォッチャー)



 「無垢の祈り」という異様な、いや、異常なR18映画が注目を浴びている。見た人々の感想を聞いてみると、「グロい」「キモい」「救いがない」と否定的な言葉が真っ先に飛び出してくる。しかし、それでも彼らは再び映画館を目指す。映画「無垢の祈り」にはそんな麻薬的な魅力があるようだ。とりあえず価値観にせよ、感情にせよ、今まで確固たるものだと思い込んできたさまざまなものが「揺さぶられる」稀有な作品であることは間違いない。

 「無垢の祈り」は間違いなく「キツイ」映画である。一言で言ってしまえば、「幼女虐待」「ロリコン」映画とでも言うべきか。そのような内容ゆえに、本作は全国のほとんどの映画館から上映を拒否されてしまい、わずかな小劇場でしか見ることができない。何しろ製作時にはスポンサーになってもらえる所がどこも現れず、監督の亀井亨が「自腹」で撮影にこぎつけたのだと聞く。その後も、どこの配給会社も難色を示し扱ってもらえなかったため上映さえままならず、昨年9月の「カナザワ映画祭2016」において、ようやく日本初公開となったという「いわくつき」の作品だ。

 そうした児童虐待映画のようなものを許さぬ「日本の良識」や「ポリティカル・コレクトネス」からいわば総スカンを食らった「無垢の祈り」であるが、カナザワ映画祭において本作を観た人々の衝撃はただならぬものがあり、インターネット上の口コミ等により大いに話題となった結果、私も再度観に行くつもりでいる3月12日からの名古屋・シネマスコーレにおける再上映や、全国各地の小劇場で異例のアンコール上映が続いている。

 「無垢の祈り」にはもともと、原作小説が存在する。ミステリー作家、ホラー作家としてカルトな人気を誇る平山夢明の短編集「独白するユニバーサル横メルカトル」(光文社)収録の30ページ足らずの作品「無垢の祈り」がそれである。平山はこの短編集にて、2007年度「このミステリーがすごい!」国内部門1位の栄誉に輝いている。