川村卓(筑波大准教授)

 時速165キロという日本人離れしたスピードボールを投げる一方で、逆方向に全く落ちないでスタンドに突き刺さる打球を放つ。投打ともに類まれなスタープレーヤーである大谷翔平は、私たちに新たな期待感をもたらす。しかし、スポーツの動作を研究している筆者にとっては、一番厄介な存在でもある。なぜなら、私たちが彼の凄さを理論的に説明しようとしても、彼は我々の想定範囲をすべて超えてしまう「外れ値」の選手であり、いつも新たな枠組みで見ることが必要になるからである。つまり、私たちにしてみれば、大谷翔平は分析するのがとても困難な選手ということになってしまう。

 筆者はこれまでメディアからの要請もあって、プロ入りから毎年、大谷の分析を行う機会に恵まれてきた。本稿では今までの動作分析からみる「大谷翔平の凄さと可能性」について論じてみたいと思う。
「二刀流」を駆使して投打で活躍する大谷翔平
「二刀流」を駆使して投打で活躍する大谷翔平
 まず、大谷がアスリートして優れているところと言えば、あの大柄な体格(193センチ)にもかかわらず、動きの一切にギクシャクしたところがない点である。身体を巧みに操る能力である巧緻(こうち)性としなやかな身体操作を順序良く効率的に出力できる調整力に優れているところは感心させられる。ケガをしてしまったが、昨年の台湾との親善試合でみせた脚の速さからして、どのスポーツ競技においても「超一流」になることができる素質を持っているのではないだろうか。

 大谷がそうしたしなやかな身体操作をできる要因として「柔軟性」の高さが挙げられる。特に大谷を投手として見た場合、肩周りの「柔軟性」は特筆すべきものがある。ここで注意したいのは「柔軟性」という言葉である。「柔軟性」は筋や腱などが柔らかく、引き伸ばされる能力として解釈されるが、これは「柔軟性」の意味の半分しか示していない。

 もう一つの意味として、多くの筋肉が動員されて一緒に動く能力があるかどうかも「柔軟性」を理解するポイントである。基本的に骨は連結して関節を形成している。しかし、肩甲骨は上腕骨とはつながっているものの、背中のさまざまな筋肉が密集しているところに乗っているだけの特殊な骨である。

 この肩甲骨を動かそうとすると多くの筋肉を連動させる必要があり、肩甲骨周りの筋肉のいずれかがうまく動かなくなると、その筋肉が動きを阻害し、肩甲骨はしなやかな動きを失うために柔軟に見えなくなる。つまり、肩甲骨の「柔軟性」は、いかに多くの筋肉を動員し、連動しながら動かすことができるかにあると言える。