亀山早苗(フリーライター)

 日本家族計画協会の調査によると、2016年の夫婦におけるセックスレスの割合は47・2%に及ぶという。12年前の調査では31・9%だったのだから、いかにセックスレスが多くなっているかが分かる。

 セックスレスになっている理由は、男性が「仕事で疲れている」が最も多く、21・3%、女性は「面倒くさい」が1位で23・8%。仕事で疲れ切った男と面倒だと思っている女の間で、セックスという行為が起こらないのは当然だろう。

 では独身者はどうなのだろう。2015年の統計では、34歳の男性で3割、女性で4割が「セックス未体験」という結果もある。つまり、独身者も「していない」のである。
 「セックスレス」という言葉は1991年、精神科医の阿部輝夫さんが順天堂大学に勤務していたころに、セックスしない夫婦が増加していることに着目、「結婚して同居しているにもかかわらず、身体疾患や特別な事情がないケースをセックスレス」という定義を試みたところから始まっている。その後、94年に日本性科学会によって、「特別な事情が認められないにもかかわらず、カップルの合意した性交あるいはセクシャルコンタクトが1カ月以上なく、その後も長期にわたることが予想された場合」をセックスレスと定義された。

 こうやって「定義」づけされた言葉ができると、そこにあてはまる人たちは一気に増える。それまで自覚していなかったため、表面化してくるのである。当時はセックスレスというと、「夫に女としてみられていない妻」というイメージが強かった。つまり、セックスを拒むのは男だという認識が強かったのだ。だが、その後この言葉が浸透してくると、実際は「妻が夫を拒んでいるケース」も多々あることが分かってきた。

 夫婦ともにセックスしたくないなら、何の問題もない。だが、どちらか一方が「したい」と思っている場合、そしてセックスしたいのに満たされないために夫婦仲が悪くなっていく場合こそが問題なのである。