中嶋よしふみ(シェアーズカフェ・オンライン編集長、フィナンシャルプランナー)

 先日、東京タラレバ娘を読んだ。日本テレビでドラマ化され人気を博している事もあり、周囲で男女問わず話題になっていたからだ。そして作品への評価も共感できるという人もいれば今時こんなアラサー女子はいるのか?という人まで、男女関係無く賛否が分かれている。
日本テレビ系ドラマ「東京タラレバ娘」に主演した吉高由里子
日本テレビ系ドラマ「東京タラレバ娘」に主演した吉高由里子
 漫画版を読んだ自分の評価は「独身アラサー女性なら突き刺さるのかもしれないけど、10年前ならトレンディドラマとして見られた古い感覚の作品」といったところだ。

「結婚が目標」に共感できるか?


 詳しい内容は漫画やドラマ版を見て貰えればと思うが、ドラマの公式HPでは以下のように紹介されている。

『「タラレバばかり言ってたらこんな歳になってしまった」
鎌田倫子、30歳、独身、彼氏ナシ。
職業=(売れない)脚本家。

「キレイになったら、もっといい男が現れる」
「好きになれれば、結婚できる!!」

そんなタラレバ言いながら、親友の香、小雪と3人で女子会ばかりやっていたが、金髪イケメン男に「タラレバ女!」と言い放たれハタと現実にブチ当たる!!

「私たちって、もう女の子じゃないの?」
「本気出したら恋も仕事も手に入れられると思ってた…。」
「立ち上がり方が分からない」
「恋に仕事にお呼びでない?」

厳しい現実、だけど真実。頑張ってないわけじゃない、でも、まだ幸せにたどりつけてないタラレバ娘たちがもがきながらも、幸せ探して突き進む!!

女子のリアルが刺さりまくり! 共感度100%のドラマはじまります。』

 ストーリーを大雑把に説明すると、主人公となる独身・彼氏ナシのアラサー女性たち=タラレバ娘は、良い男がいないから結婚できない、もしくは良い男がいても若くて可愛い20代の女子にもってかれる、だから仕方なく彼女や奥さんがいる良い男(?)と泥沼な関係になっては女子会で顔を突き合わせる……といった話が延々と繰り返される。

 ラブコメディとしては「結婚したい女性が恋愛で試行錯誤をする」といった王道な内容ではあるが「このご時世に結婚しただけで幸せと言えるのか?」という話が完全に無視されていることを考えると、多分「現代の話」とは言えない。つまりリアリティが無い。

 一昔前には少子化が急激に進む→ワカモノが結婚しないことが原因→草食系という言葉が2006年頃から使われはじめ、その後ブームになる(2009年には流行語大賞にランクイン)……という流れがあり、散々結婚しないワカモノが悪いといった話が出尽した所で、

「じゃあ結婚して子どもができたら楽しい生活が待ってるのか?」
「そもそも結婚したくなるような環境なのか?」

 ……といった現代の日本では解決しようがないほど根本的で深刻な問題が浮き彫りとなる。

 産休育休がまともに取れない、子どもがいると働ける場所がほとんどない、保育園に入れるかどうかで女性の運命が決まる、待機児童多すぎ、そもそもワカモノは収入が低くて結婚する気になれない……など、タラレバ娘たちが熱望する良い男との結婚も大変だと思うが、その後にはそれ以上の苦労が待っている。

※ちなみにタラレバ娘たちの眼中にも入らない年収300万円以下の男性の既婚割合は10%を切る。非正規雇用者に至っては5%以下。