JTの「正論」


 同日、JTは小泉光臣代表取締役社長名義で次のようなコメントを発表した。長くなるが、簡にして要を得た文章なので、その一部を引用しよう。

〈これは、過去に実施された日本人を対象とした疫学研究論文から9つの論文を選択し、これらを統合して統計解析したところ、受動喫煙を受けない非喫煙者のリスクを1とした場合に、受動喫煙を受けた非喫煙者のリスクが1・3となったとの結果をもって、受動喫煙と肺がんの関係が確実になったと結論付けた発表であると認識しております。〉

〈しかしながら、JTは、本研究結果だけをもって、受動喫煙と肺がんの関係が確実になったと結論付けることは、困難であると考えています。〉

〈受動喫煙を受けない集団においても肺がんは発症します。例えば、今回の解析で選択された一つの研究調査でも、約5万人の非喫煙女性中の受動喫煙を受けない肺がん死亡者は42人であり、受動喫煙を受けた肺がん死亡者は46人でした。肺がん等の慢性疾患は、食生活や住環境等の様々な要因が影響することが知られており、疫学研究だけの結果をもって喫煙との因果関係を結論付けられるものではありません。〉

〈また、今回用いられた複数の独立した疫学研究を統合して解析する手法は、選択する論文によって結果が異なるという問題が指摘されており、むしろ、ひとつの大規模な疫学研究を重視すべきとの意見もあります(※)。今回の選択された9つの疫学研究は研究時期や条件も異なり、いずれの研究においても統計学的に有意ではない結果を統合したものです。〉

〈これまで、受動喫煙の疾病リスクについては、国際がん研究機関を含む様々な研究機関等により多くの疫学研究が行われていますが、受動喫煙によってリスクが上昇するという結果と上昇するとは言えないという結果の両方が示されており、科学的に説得力のある形で結論付けられていないものと認識しています。〉
※「新しい疫学」(財団法人 日本公衆衛生協会)/「メタ・アナリシス入門」(丹後敏郎 朝倉書店)