長谷川一男(NPO法人「肺がん患者の会ワンステップ」代表)


 私は肺がんの患者であり、その視点から論考したいと思います。7年前、39歳になったばかりの冬に突然、せきが出始め、病院に駆け込んだところ肺がんであることがわかりました。進行度を示すステージは最も進んだ「4」。5年の生存率は5%ほどでした。青天の霹靂(へきれき)とはこのことを言うのでしょう。そしてもう一つ、ある思いが自然と湧き上がってきました。私には喫煙歴がありません。「よりによってなぜ肺がんなのか?」

 喫煙していなくても肺がんを患うことがあります。その原因の一つが「受動喫煙」です。振り返ってみると、発症前、受動喫煙を多く経験していました。まずは親です。父親はたばこを一日2箱吸うヘビースモーカーでした。母親はその煙を嫌い、家のリビングに大きな換気扇を設置しているほどです。畳にはたばこを押し付けた後がいくつもありました。

 そういえば、私は不注意から灰皿をひっくり返してしまったことが何度かあります。自分でひっくり返してしまったのだから、自分で片づけるのは当たり前ですが、これ以上ない不快なこととして記憶に残っています。
※写真はイメージ
※写真はイメージ
 父は肺がんを患い、亡くなりました。大人になり働くようになると、職場においても受動喫煙しています。私が就職したのは25年ほど前です。職種がマスコミということもあり、ほとんどの人が吸っていました。通常、灰皿は直径10センチほどの大きさと思われますが、職場には直径30センチはあろうかという灰皿が置いてありました。銀色で軽い、カンカンと音がする灰皿の巨大版です。

 「受動喫煙は本当に病気の原因となるのか?」と問う人がいます。実はその疑問は正しいのです。受動喫煙のリスクは「ほぼ確実」と言われていて、「確実」ではありませんでした。本当に病気の原因となるのかと問われたら、確実にそうだとは言えない状況だったのです。ところが昨年、それがひっくり返りました。

 受動喫煙のある人はない人に比べて、肺がんになるリスクが約1・3倍、そのリスク評価は「ほぼ確実」から「確実」に上がりました。乳幼児突然死症候群、虚血性心疾患、脳卒中の原因ともなることも指摘されました。受動喫煙の健康被害・他者危害が明らかとなり、この問題は、マナーの問題ではなくなったのです。昨年までと現在では、異なる状況であることを理解していただきたいです。

 「喫煙者は受動喫煙させないように努力している」「今の分煙をもっと進めればよいではないか」「こちらの吸う権利も考えてほしい」と語る人もいます。国会議員のたばこ議連の方がこのような趣旨でよく話されます。しかしながら、私の周りの喫煙者で、「分煙」によって本当に受動喫煙を防ぐことが可能と考えている人はいません。

 分煙には、喫煙者も非喫煙者も懐疑的であるという理解です。また世界保健機関(WHO)の評価基準に照らしたとき、残念ながら日本は、受動喫煙防止対策について最低評価となっています。分煙をきちんと進めたとしても、この評価はほぼ変わらずです。世界的に見て、きちんと分煙ができ、受動喫煙を防ぐと考える国はないからです。