安倍政権の内部では、2月の日米首脳会談をきっかけに静かな「権力の交代」が起きた──。「影の総理」と呼ばれた菅義偉・官房長官にかわって政権内で存在感を増しているのが“犬猿の間柄”の麻生太郎・副総理だ。

 本来、政府の省庁間の政策調整は官房長官の所掌で、それが官房長官の権力基盤につながっている。

 だが、首脳会談で麻生副総理とペンス副大統領をトップに自動車、農業、金融など広い分野で日米交渉の枠組みをつくることが決まり、それまで菅氏の後塵を拝する“名ばかり副総理”だった麻生氏が名実ともに菅氏の上に立って各省の利害調整の実権を握ることになった。

 菅氏に代わって存在感を増しているのは、麻生氏ばかりではなく、二階俊博・自民党幹事長もそうだ。菅氏と二階氏は国会日程から沖縄米軍基地の辺野古移設問題まで衝突している。
自民党役員会に臨む、二階幹事長と安倍首相=東京・永田町の党本部
自民党役員会に臨む、二階幹事長と安倍首相=東京・永田町の党本部
「安倍総理は沖縄県との交渉を菅氏に一任してきたが、成果が上がらないことが非常に不満。そこで二階幹事長に党本部主導で交渉させている。

 2人の手法は対照的で、菅さんが埋め立て工事を粛々と強行する北風政策なら、翁長雄志・沖縄県知事と親交がある二階さんは沖縄担当の副幹事長を4人任命して地元の要望を聞き、予算を増額するなど対話重視の太陽政策。

 二階派の鶴保庸介・沖縄担当相も官房長官より親分の二階さんに顔を向けており、主導権はいまや二階さんが握っている」(自民党幹部)

 これも事実上の菅氏の棚上げといっていい。自民党内では、安倍首相が不祥事続きの現内閣の人心一新のために3月の予算成立後に内閣改造に踏み切るという見方が急浮上した。この改造人事が安倍―菅関係を決定的な事態に追い込む可能性がある。



 菅氏に距離を置く安倍側近からは、「失言など政権の足を引っぱるのは菅さんが入閣を推した大臣たち。安倍総理は改造で菅さんに近い大臣を切り、人事介入させないつもり」という対立を煽るような見方が流され、現在、官房長官が担当している天皇の生前退位の法整備は、「内閣改造でベテランの専任大臣を置いて答弁させることになるだろう」(同前)と“菅外し”を予告する。

 菅氏の力の源泉は側近記者を通じた情報収集力と巧みなマスコミ操縦術にあったが、大手メディアの記者も掌を返し始めた。

「いまや菅さんより二階さんの言うことが安倍首相に採用されやすい。そのため、新聞各社はエース級の記者を官邸クラブから自民党担当の平河クラブに戻す流れだ」(政治部記者)というのである。

 安倍首相と麻生副総理、二階幹事長による菅氏の“実権剥奪作戦”は確実に効果をあげているように見える。しかし、政治ジャーナリスト・野上忠興氏は「ファイアマン(火消し役)の不在」を指摘する。

「安倍政権が再登板後の数々の閣僚スキャンダルを乗り切ったのは、国会の数の力で押し切った面もあるが、それ以上に政権の危機管理に長けた菅義偉・官房長官の存在が大きい。

 菅氏が官邸の中心にどっかと座り、大臣が失言すれば呼びつけて厳重注意し、不祥事が発覚すれば持ち前の情報収集力で更迭すべきか、あくまで守るべきかを的確に判断して安倍首相に報告、うまく火消しをしてきた。ところが、最近は菅氏の影が薄く、政権の危機管理に大きな穴が開いている」

 ファイアマンの手足を縛ることで政権の危機管理能力は低下し、首相は閣僚のドミノ辞任という「10年前の悪夢」に悩むという“副作用”も露呈しつつある。

 光がなくなれば影も消えるが、「影のない光」も存在しない。政権を守護してきた「影の総理」が消された時、安倍政権に大きな地割れが走る。

関連記事