ニッポンの大問題である「憲法」。知的刺激に満ちて抜群に面白い憲法本4冊をジャーナリスト・東谷暁氏が選んだ。

* * *

 憲法学者の『憲法学』『憲法原論』の類をいくら読んでも、その講義を何度聞いても分かったような気がしない。そもそも、さっぱり面白くない。しかも憲法学者は左派でも右派でもそれは同じなのだ。

 いわゆる主流派といわれる東大系の憲法学者はもとより、傍系の憲法学者の書いたものでもほとんどの憲法学は「日本国憲法は守らねばならない」という点で一致している。呆れたことに改憲を唱えている少数派の憲法学者が書いた本でも、概念の選択や論理の組み立ては護憲派と瓜二つ。

 たとえば、政治学や社会学で、学派がちがっても概念や論理が同じなんてことがあるだろうか。そして繰り返すが、他の社会科学の場合には、希に面白い本もあるが、憲法学に限っては面白い本なんかありはしないのだ。
 護憲派は改憲反対を唱えていればよく、改憲派もポツダム宣言の「自由、平等、人権」を疑っていないのだから、スリルもなく知的刺激もないのが当然だろう。憲法について楽しく考えるには、憲法学者の憲法学以外から、面白い憲法の本を探すしかない。

「護憲派と改憲派双方の欺瞞を批判」
『リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください』/井上達夫著/2015年/毎日新聞出版
 
 リベラリズムの唱道者が九条の削除を主張したことで注目されたが、井上はすでに十数年前から同じことを論じていた。護憲派と改憲派の双方の自己欺瞞を批判。リベラリズム研究者が改憲を言い出したということより、井上が自らの思想にしたがって首尾一貫した議論を展開していることが素晴らしい。だから、この本は面白いのだ。

「明治憲法の復活を主張。その狙いは?」
『国家とは何か』/福田恆存著 浜崎洋介編/文春学藝ライブラリー/2014年(「当用憲法論」の初出は1965年)

 現憲法は当時の状況の圧力で作られたが、当用漢字が作られた経緯と同じで、だから「当用憲法」なのだという。しかし、現憲法は明治憲法の改正手続きで生まれたのだから、現憲法を廃棄すれば明治憲法が復活する。それを自分たちで改正すべきだと論じた。明治憲法の復活というより、日本人の「憲法意識」の復活を課題としている。

「『九条』の一項、二項を徹底的に解釈」
『九条を読もう!』/長谷川三千子著/2015年/幻冬舎新書

 この新書は、まず、その薄さに驚かされる。100ページないのだ。また、テーマが九条と聞いて耳タコだと思う人もいるだろう。しかし、この本は面白い! 間違いなく筆者の哲学者としての力量を感じさせる。九条の一項と二項を徹底的に解釈することで、制定当時の政治力学を浮かび上がらせ、問題の重大性に新鮮な光を当てている。

「憲法制定経緯の闇を解明する情熱の書」
『一九四六年憲法──その拘束』/江藤淳著/2015年(底本は1980年)/文春学藝ライブラリー

 いまや、日本国憲法の制定は占領下における米軍の国際法違反だったと論じる人は少なくないが、江藤は自ら渡米して公文書を渉猟し、詳細にその歴史的事実を明かした。なぜ文芸評論家がそこまでやるのかと言われた。その後、多くの類書が出たが、文章から立ち上る憤りと歴史の闇を解明する情熱において凌駕するものは皆無である。

 【PROFILE】1953年山形県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。論壇誌『発言者』編集長などを歴任し、1997年よりフリーのジャーナリストに。『不毛な憲法論議』(朝日新書)、『予言者 梅棹忠夫』(文春新書)など著書多数。

関連記事
■ SAPIO人気連載・業田良家4コママンガ「憲法学者」
■ 【書評】九条削除を主張し護憲派に浴びせる東大教授の異論
■ 護憲派が守ろうとしているのは憲法ではなく古い解釈改憲だ
■ 高村薫氏 「憲法改正に断固反対。安倍政権は支離滅裂」談
■ 安保法案に反対する学者たちが「ケンカを買った」 その余波