倉山満(憲政史家)

 あれは23年前の春だった。ある偉大な政治家が獅子吼(ししく)していた。
 「自由民主党の使命とは何か。日米同盟を堅持し、議会制民主主義を守る自由主義国の一員であることを世界に示し、経済成長による富の公正配分を行い、日本国が地球上で文明国として生存し、未来を子供たちに引き継ぐことである」
 その政治家の名は、故浜田幸一。生前は“ハマコー”の愛称で知られた政治家だった。とある講演会での話である。あの時、ハマコーが何を言っていたかよくわからなかったが、今となっては、はっきりとわかる。

 ハマコーは常に「自主憲法制定」を訴え、日米同盟堅持を絶叫しながらも、米軍の駐留を許している日本の現状を「植民地」と喝破していた。
 果たして、ハマコーの警世に対し、現状の日本はいかほどの進歩をしているだろうか。あるいは、70年前に敗戦、そして日本国憲法を押し付けられてから、状況はどれほど改善されただろうか。

 むしろ悪化しているのではないか。
 敗戦によりアメリカの持ち物にされてしまった。それどころか、中国やロシア、あまつさえコリアにすら小突き回されている。

 日本国憲法とは戦後レジーム、すなわち日本を敗戦国のままにさせる体制の中核である。
 三島由紀夫が「憲法に体当たりして死ぬ奴はいないのか?」と絶叫してからでも、45年以上。誰一人、かすり傷一つつけていない。
自衛隊駐屯地のバルコニーで演説する三島由紀夫=1970年11月
自衛隊駐屯地のバルコニーで演説する三島由紀夫=1970年
 なぜ70年間、日本国憲法を改正できなかったのか?
 私の答えはただ一つ。去年の参議院選挙の前、あれほど言ったのに私の言うことに何一つ耳を貸さなかったからではないか。以下の2本は、これまでにiRONNAに寄稿した私の論考である。

 安倍内閣は千載一遇の好機を逃し、今に至っている。世の人は民進党を嗤(わら)う。その無能無策無定見は枚挙にいとまがない。私などは逆に、感謝したくなる。安倍内閣を支えてきた功労者として、海江田万里、岡田克也、蓮舫の三人以上に功績がある人がいるだろうか。

 国民がいかに不満を抱こうとも、民進党ある限り、安倍自民党内閣は安泰である。
 そして、誤植も含めて日本国憲法は一条も、一字一句、健在である。
 読者諸氏は気付かれたであろうか。政権は保守が握っている。しかし、日本国憲法体制そのものは健在である。常に与党に居たい自民党、憲法改正さえ阻止すれば政権を担う責任など不要と割り切っている民進党。まるで自民党と社会党による55年体制の焼き直しであることに。

 日本は敗戦国のままではイヤだと本気で思う勢力を保守と呼ぼう。
 保守は、この負けっぱなしなのだと認識すべきだ。
 では、この惨状をどう捉えるべきなのか。厳しい現実であっても、正確に認識すべきだ。その上でなくては、未来への道筋は見えてこない。

 また、本稿では一条の光を示す。改憲に向けての具体的なキーマンが現れた。別に裏情報でもなんでもない。日常的に新聞でもテレビでも流れているが、気づく人が少ないだけだ。それを知らせるのが、私の仕事だ。