2年前『SAPIO』でフランスの極右政党「国民戦線」創設者のジャン=マリー・ルペン氏は「今日の仏社会は、基本的安全さえも犯されている」と嘆いた。2015年、同国ではテロが相次いだ。娘のマリーヌ氏が2017年仏大統領選の有力候補として注目されるなか、ジャーナリストの宮下洋一氏が、娘のマリーヌに期待すること、これからフランスが歩むべき道について聞いた。

* * *

 今年5月の大統領選挙では、娘のマリーヌ・ルペン(極右国民戦線=FN*1)が大統領候補に挙がっている。

【*1 1972年、結党。当初は反共政策を掲げていたが、共産主義陣営の勢力が弱まるにつれて、死刑制度の復活や移民労働者の排斥という主張を展開していくようになる。現党首はマリーヌ氏】

 我が国はまだまだ左派陣営の力が強い。選挙にはバイアスがかかり、民意が直接投票に繋がるかは分からない。昨今のテロなどの国内事件によって、FNが台頭するかというとそんなに甘くない。

 組織内部に活力が欠けているのは明らかだ。私のような者は、すでに組織から追い出される始末である(*2)。もちろん、大統領選では奇跡は起こり得る。が、私はマリーヌの考えに不安を抱いている。

【*2 2015年、FN現党首マリーヌ氏が人種差別発言を繰り返し、反ユダヤ主義を標榜する父を追放。以降、FNはソフト路線に舵を切ったとされる】

ジャン=マリー・ルペン氏
 彼女は、政権をとるため、自らの政策を曲げ、左派陣営に媚びを売った。敵と戦うのではなく、敵に適応する道を選んでいる。彼女は(敵対者にとっての)“悪魔”であり続けるべきだった。

 彼女が大統領選を勝ち抜くには、40年間、揺らぐことのなかったFNの神髄に立ち戻ることだ。敵に迎合することなく、敵を叩くことを忘れてはならない。

 参考にすべき男がいる。そう、ドナルド・トランプだ。私は彼の勝利を望んでいたし、それが叶ったことに喜びを感じている。彼の戦略はお見事だった。

 敵対するメディアを前に、彼は常に誠実であろうとし、正しき言動を通した。彼は経営のプロで、思想学者でもなく純粋な政治家でもない。現実世界にどっぷりと浸かり、生きてきた。その態度こそ、私を満足させる。

 いま必要なのは現実を直視することだ。“自国ファースト主義”は、決して非難されるべきものではない。ドイツのメルケルは、歴史的反省から、多くの人々に扉を開いた。(彼女の行動は称賛されているが)ドイツ社会の競争に勝ち残れなかった移民は、シェンゲン協定(*3)によって、フランスに渡ってきているという現実を多くの人は知らない。

【*3 EU加盟国の間で、国境検査なしで国境を越えることを許可する協定】

 欧州連合(EU)は、まったくのユートピアであるし、シェンゲン協定は早く廃止すべきだ。文明、テクノロジー、経済利益を分かち合える連合など成立するわけがない。既に私が議員だった当時、1957年のローマ条約(*4)に反対票を投じている。

【*4 欧州経済共同体と欧州原子力共同体の設立を決めた条約。人・モノ・金・サービスの自由移動を目的とし、欧州連合の基礎になった】

 それから半世紀経ち、いま予想通り、ブレグジット(英国のEU離脱)が実現した。次なる“フラグジット”(ブレグジットにかけたフランスのEU離脱)を期待したいものだ。

 今後、フランスは、さらなる脅威に満ちるはずだ。これに立ち向かうためには、国家生存への迅速な行動が大切になる。娘が現実を直視することを願っている。

●Jean-Marie LE PEN 1928年生まれ。パリ大学卒業。戦後最年少の27歳で仏国民議会の議員当選。その後、休職しアルジェリア戦争に従事。1972年、仏「国民戦線」(FN)を創設。2002年の大統領選では、泡沫候補とみられていたが、犯罪に対する社会不安から票を伸ばし、シラク氏との決選投票まで残る。当時、「ルペン・ショック」と呼ばれた。