八幡和郎(評論家、徳島文理大教授)

 フランス大統領選挙は世論調査のとおり、社会党政権から離脱して左右の不毛な対立からの脱却を訴えたエマニュエル・マクロン前経済相の圧勝に終わった。極右政党、国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン候補が勝つとか、接戦になるなどとデマを流す識者もいたが、フランス政治に対する無知か、アングロサクソンの欧州懐疑主義の願望か、ユーロなどの相場を撹乱(かくらん)してひともうけしようとした人に踊らされたのかどれかであって、まったくばかげた話である。

 特に第1回の投票がほぼ世論調査どおりの得票で、本心を気恥ずかしくて言わない「隠れルペン」もいないことが立証されていたのだから、決選投票の段階になってからも隠れルペンの存在を語り続けるなど誠実さに欠ける態度だった。

 ルペン氏が勝つかもしれないとか、善戦するだろうなどといった識者は反省が必要だし、もうフランス政治のことなど知ったかぶりして書かないほうがよいと思う。
5月4日、フランス北部での集会で支持者の前に姿を見せるルペン氏(ロイター=共同)
5月4日、フランス北部での集会で支持者の前に姿を見せるルペン氏(ロイター=共同)
 ルペン氏の支持者は第1回投票で示された21・3%という数字より多くも少なくもないのだ。確かに、父親のジャンマリ・ルペン氏が2002年の出馬で獲得した16・9%よりは多いが、あくまでソフト化路線の成果であって、当時の16人の候補者に比べて11人と少なかった。また、決選投票の約34%という数字も、父が02年に獲得した17・8%よりは大躍進したが、保守派の現職、シラク大統領相手だったのだからあまり比較にならない。

 そこで、iRONNA編集部からいただいた「どうしてフランスのような伝統的に左派支持層が多い国でルペン氏が人気を集めるのか」というテーマについて論じたいのだが、議論をいくつかに分ける必要がある。

 ひとつは、フランスではもともと反体制的な極右政党が一定の支持を集めることがあるということだ。そして、父親のジャンマリ氏のときからの国民戦線の成功の原因、ルペン氏になってからの躍進の理由、そして今後の可能性だ。

 フランスでは、18世紀末のフランス革命後もナポレオン帝政、王政復古、7月王政、第二帝政が続き、共和制が安定しなかったが、普仏戦争の後に訪れた王政復古の機会が、フランス王家だったブルボン家が共和派のフランス三色旗を認めなかったことで頓挫し、ようやく共和制が確立された。それ以来フランスの政体では、「革命の伝統を引き継ぐ」という理念に結集することが体制派であることの条件になっている。

 必ずしも、狂信的な国粋主義者とはいえない現在のルペン氏と国民戦線が極右といわれるのは、この定義によるものだ。