雑誌販売の低迷に、歯止めがきかない。出版科学研究所が公表した書籍と雑誌を合わせた推定販売金額は前年比3.4%減の1兆4709億円、そのうち雑誌が前年比5.9%減の7339億円だった。ピークを記録した1997年に、その額は1兆5644億円だったことを考えると、ほぼ半減したといえる。

 出版各社はもう一度、雑誌に読者を呼び戻そうという新たな取り組みを始めている。年末年始は出版物流を休止するのが慣例だったが、昨年大みそかには雑誌・書籍の「特別発売日」を設定、発行総部数870万部が刊行された。またファッション誌では、バッグや小物を付録にする取り組みを進化させて独自ブランドの立ち上げを行って、販売部数を伸ばした例もある。

 そんな状況の中、漫画雑誌でありながら特集主義という挑戦を行っているのが、青年漫画誌『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)だ。昨年7月、参院選に合わせて「日本国憲法」全文と漫画家13人のイラストを載せたとじ込み冊子を付録につけて、大きな話題を呼んで完売を記録。その後も「80年代アイドル特集」「ファーストクラス特集」「文学特集」「猫特集」といった特集号を刊行し、これまでの漫画雑誌のイメージをくつがえす取り組みを続けている。

 3月13日発売号では、東日本大震災から6年経過したタイミングに合わせて「特集 君と僕の防災」と題した「防災特集号」を企画。表紙には武井咲を起用し、『伝染るんです。』の吉田戦車氏イラストによるカラフルな「防災ミニブック」を2冊とじ込み付録にした。1冊は自分自身に、もう1冊は大切な人へプレゼントしてほしいという漫画誌ならではの趣向をこらした特別付録のほか、グラビア・特別読み切り漫画・記事を合わせて計42ページというボリュームを持った特集号となっている。

 企画に携わった同誌・浜本邦生副編集長が語る。

「防災というのは、どれだけ自分ひとりが備えていても仕方がないところがあると思います。身近で大切な人こそ、いざという時のために備えておいてほしいものじゃないでしょうか。だから、防災について考えることは誰かのことを真剣に考えることでもあるはず。今号、2冊付く『防災ミニブック」が、自分の足もとを見つめ直すキッカケになれば嬉しい」

 また、スピリッツは熊本地震から1年というタイミングとなる4月17日発売号で「特集 日本の復興の今」と題した「復興特集号」を発刊し、青山剛昌氏、あだち充氏、さいとう・たかを氏、高橋留美子氏、萩尾望都氏をはじめとする100名以上の漫画・原作者が参加した「がんばれクマモト!マンガよせがきトレイン漫画」を南阿蘇鉄道に走らせるという。

 なぜ青年漫画誌でありながら、このような「社会派」な誌面づくりを行っているのか。昨年4月から、同誌編集長をつとめる坪内崇氏はこう言う。

「『スピリッツ』は、エンターテインメント漫画誌。「日本国憲法特集号」が最初の試みでしたが、その時、社会や読者の興味・関心が高まるトピックがあれば、それを誌面にすればいいと考えています。漫画誌だから漫画作品以外を扱ってはいけないかと言えば、そんなことはまったくないわけで、かつての漫画誌はスポーツやコラムなどにも多くのページを割いていました。その原点に立ち戻ったと考えてもらえれば良いかと。

 漫画作品だけでなく、特集企画というやり方で、今という時代とリンクする誌面を作ることで、現在の雑誌離れに少しでも風穴が開けられるかもしれないという思いはあります。また、毎週購読してくれている『スピリッツ』読者に次号も読みたいと思わせる気持ちを起こさせることや、これまで『スピリッツ』を読んだことがない方がコンビニや書店で表紙の見出しを見て、興味を持って手に取ってくれることも期待しています」

「防災」と「復興」という特集については、編集部員から立案があった。坪内氏は「世の中について、もっと真面目に考えてみよう」という世間のムードを感じているからこそ、と受け取った。

「ここ数年で相当、世界や社会の情況は変化しています。『面白ければいい、その場限りでいい、ではいけないんじゃないか』と皆が感じ始めていると思う。そんな読者のアンテナに突き刺さる特集企画や、漫画作品を発信していければ、きっと読者は雑誌ならではの面白さを改めて感じてくれるはずなんです。これからも特集号については『スピリッツ』にしかできない取り組みとして、継続していきたいと考えています」

 雑誌・冬の時代だからこそ、各誌が知恵を絞って、読者へのアピールを考えている。『スピリッツ』の試みは、新たな読者を開拓できるだろうか。

関連記事