大月隆寛(民俗学者、札幌国際大学人文学部教授)

 『週刊少年ジャンプ』(集英社)がとうとう200万部を切りました。確かに、四半世紀ほど前の全盛時650万部と言われたころからすれば、部数はその3分の1以下、雑誌のみならず単行本も長期低落が止まらず、確かにえらいことではありますが、いずれも紙の媒体での話です。何もマンガに限らず、週刊誌にせよ月刊誌にせよ、あるいは新聞なども含めたいわゆる旧来の紙媒体の「落日」はもはや構造的なものでしょう。マンガとて、紙媒体が売れなくなることはとうに予想されていたことであり、もちろんそれでメシを喰っている業界当事者たちも、ある程度は織り込み済みで電子書籍化その他、あれこれジタバタしてきているわけで、このニュース自体は「何を今さら」という感じは否めません。
 ただ、そういう「マンガはもうダメかもしれん」的危機論にまつわって、案外まだきちんと問題にされていないこともあります。ここでは一つだけ、マンガを「読む」という習慣について考えてみようと思います。もはや国民的規模で当たり前になったかのように思える、この「習い性」自体が実は静かにそのあり様を変えていきつつある、そのことを述べておきます。

 かつて子供のころ、マンガを退屈しのぎの「おもちゃ」として与えられたことから、「読む」作法を身につけた人たちの多くは、オトナになっていく過程で自然にマンガから離れてゆき、実際に読まなくなっていきました。その中で一部、10代も半ばを過ぎてもなお、マンガを読む人たちが一定数出現し始めたのはおおむね1960年代半ば、いわゆる団塊の世代がそれら青年期に差し掛かるようになったころでした。

 それに見合って、それまで子供向けの少年誌、少女誌しかなかったマンガ専門誌に『ビッグコミック』(小学館)など青年向けの媒体も生まれ始めました。オトナになってもマンガを読む人たちが増えていくと、そのような人たちが「読む」に耐え得るマンガ作品も求められるようになりました。かくて「戦後ニッポンマンガ」市場はこのような経緯をたどり、その読者層の成長とともに大きく広がるようになっていきました。

 当初は「テレビまんが」と呼ばれたアニメにしても、子供だけでなく青年の、さらにはオトナのものにもなっていく過程もまた、「戦後ニッポンマンガ」市場の拡大とおおむね軌を一にしていました。今の日本人、おおむね60代から下の世代ならば誰もがマンガを「読む」ことができる、そういうリテラシー(読解力)を実装するようになっている背景には、既にそのような「歴史」の過程が横たわっています。

 もちろん、昨今の青年も当たり前にマンガを「読む」ことができます。それは確かなのですが、だからといって、少し前までの青年たちのように「読む」のかというと、どうやらそうでもないらしい。その「読む」の内実が変わってきているとともに、それ以前にまず習慣としてマンガに接する機会自体が少なくなってきているようでもあります。