「少年ジャンプ200万部割れ」を深刻に語るオトナたちへの違和感

『大月隆寛』

読了まで10分

大月隆寛(民俗学者、札幌国際大学人文学部教授)

 『週刊少年ジャンプ』(集英社)がとうとう200万部を切りました。確かに、四半世紀ほど前の全盛時650万部と言われたころからすれば、部数はその3分の1以下、雑誌のみならず単行本も長期低落が止まらず、確かにえらいことではありますが、いずれも紙の媒体での話です。何もマンガに限らず、週刊誌にせよ月刊誌にせよ、あるいは新聞なども含めたいわゆる旧来の紙媒体の「落日」はもはや構造的なものでしょう。マンガとて、紙媒体が売れなくなることはとうに予想されていたことであり、もちろんそれでメシを喰っている業界当事者たちも、ある程度は織り込み済みで電子書籍化その他、あれこれジタバタしてきているわけで、このニュース自体は「何を今さら」という感じは否めません。
 ただ、そういう「マンガはもうダメかもしれん」的危機論にまつわって、案外まだきちんと問題にされていないこともあります。ここでは一つだけ、マンガを「読む」という習慣について考えてみようと思います。もはや国民的規模で当たり前になったかのように思える、この「習い性」自体が実は静かにそのあり様を変えていきつつある、そのことを述べておきます。

 かつて子供のころ、マンガを退屈しのぎの「おもちゃ」として与えられたことから、「読む」作法を身につけた人たちの多くは、オトナになっていく過程で自然にマンガから離れてゆき、実際に読まなくなっていきました。その中で一部、10代も半ばを過ぎてもなお、マンガを読む人たちが一定数出現し始めたのはおおむね1960年代半ば、いわゆる団塊の世代がそれら青年期に差し掛かるようになったころでした。

 それに見合って、それまで子供向けの少年誌、少女誌しかなかったマンガ専門誌に『ビッグコミック』(小学館)など青年向けの媒体も生まれ始めました。オトナになってもマンガを読む人たちが増えていくと、そのような人たちが「読む」に耐え得るマンガ作品も求められるようになりました。かくて「戦後ニッポンマンガ」市場はこのような経緯をたどり、その読者層の成長とともに大きく広がるようになっていきました。

 当初は「テレビまんが」と呼ばれたアニメにしても、子供だけでなく青年の、さらにはオトナのものにもなっていく過程もまた、「戦後ニッポンマンガ」市場の拡大とおおむね軌を一にしていました。今の日本人、おおむね60代から下の世代ならば誰もがマンガを「読む」ことができる、そういうリテラシー(読解力)を実装するようになっている背景には、既にそのような「歴史」の過程が横たわっています。

 もちろん、昨今の青年も当たり前にマンガを「読む」ことができます。それは確かなのですが、だからといって、少し前までの青年たちのように「読む」のかというと、どうやらそうでもないらしい。その「読む」の内実が変わってきているとともに、それ以前にまず習慣としてマンガに接する機会自体が少なくなってきているようでもあります。
マンガを教養や文化として受け取らなくなった

 身の丈の見聞に限ってみても、親がマンガを読み、お気に入りのマンガ本をそろえているような環境に育った青年ならば、早くからマンガを読むようになります。それも親から勧められた昔の作品なども糸口にしながら、マンガリテラシーを実装している印象があります。しかも、彼らは「読む」だけではなく、自分自身で「描く」ことにも抵抗がない。マンガのようなビジュアル表現を実際に描く技術の進展と広がりが、紙媒体のマンガが売れなくなっていったこの20年ほどの間に、それまでと違う能力を若い世代の間にも与えてきたようです。この辺りは商品音楽の聴き方、受容の仕方などとも共通している面があり、同時代的(シンクロ)現象とも言えるでしょう。
 ただ、そんな今どきの青年は、マンガ「だけ」をひたすらに読んでいるわけではありません。生まれたときからアニメがあり、ゲームもある彼らにとっては、それら新たに出現したメディアを含む情報環境に育って社会化してきたわけで、マンガもまた情報環境における多様化したメディアコンテンツの一つに過ぎません。あくまで「マンガ『も』読める」というように、機会があれば読むけれど、だからといってマンガを特別なモノとして読むわけではないのです。

 そしてなによりマンガをかつてのような「教養」や、活字を自明の前提に成り立っていたような「文化」として受け取る素地自体、既に希薄になっています。近年「マンガはもうダメかもしれん」論を深刻に語る人たちの口ぶりには、この「かつて切実な表現としてマンガを読んできた」世代感覚ならではの、どこか教養や文化として活字の「補助線」を自明の前提にしながら解釈しようとしてきた、その「習い性」ゆえの現状に対する根深い違和感がどこか必ず含まれているような印象があります。

 かつてマンガを青年に、さらにオトナになっても読むような習慣を身につけ始めた世代が育った情報環境は、活字が良くも悪くも大衆娯楽の中心に成り立っていました。この当時、「マス」を対象とするラジオに代わる新しいメディアとして、テレビの存在感がひと際増しつつありましたが、それでも情報環境における第一次的なメディアは良くも悪くもやはり活字であるという現実が、それを支える価値観や約束事とともに厳然として生きている環境でした。だから、それら活字を「読む」ことこそが、彼らにとっての「読む」という作法の根幹を形成してきたところがあります。

 「視聴覚教育」などと言われ、大衆社会化とともに活字以外の媒体がその社会的意味を意識されるようになっていったのもおおむねそのころでした。いわゆる映像、画像的な「ビジュアル」情報についての意味が、それまで標準設定とされてきた活字との関係で改めて問い直されるようになったのも、思えばその時代からだったわけです。マンガを「読む」こともまた、それが「読む」という動詞とともに人々に意識されるようになっていったことに象徴されているように、やはり活字の「読む」を前提に身につき、かつ社会的に浸透していったと考えていいでしょう。
新たな環境から続々生まれてくるマンガ作品

 けれども、そのような活字前提の「読む」習い性自体が昨今、決して当たり前のものではなくなっています。マンガに限ってみても、自分で描いた作品が同人誌も含めた紙媒体ではなく、ウェブ経由の発表手段が一般化していく中で、ウェブから読者を獲得することはごく当たり前になっています。また、そこから紙媒体に「進出」していくことも珍しくありません。

 先日、第21回手塚治虫文化賞短編賞を受賞した『夜廻り猫』(作・深谷かおる)や、ウェブ経由で読者を獲得し自費出版までこぎつけた『巻きシッポ帝国』(作・熊谷杯人)など、すでにプロの描き手として実績ある作家も、同人作家や駆け出しのアマチュア作家などと「同じ土俵」で作品を発表して広く世間に問うことができる。そういう「開かれた」環境が準備されるようになってきていることの恩恵は大きいわけですが、同時にまた、それら新たな環境経由で生まれてくるマンガ作品には、これまでのマンガを「読む」作法からはなじみにくい、活字前提の「読む」とは別のところで成り立っている作品も徐々に増えています。

 思えばマンガを取り巻く商品や市場環境自体、メディアミックスありきになって既に久しいです。アニメ、ゲーム、映画のみならず、いまやソーシャルゲームやプラモデル、トレーディングカードといったキャラクター商品群も加わり、広がりを見せています。
 そんな中で育った今どきの青年は、活字中心に育った私たちの世代とは異なる「読む」作法をマンガに求めているのかもしれません。彼らは読み手としてだけではなく、消費者の立場からマンガの本質を理解しているはずです。彼らにとってのマンガの「教養」というのもまた、私たちの世代が蓄えてきた教養や文化とは別に、既に蓄積され始めているのかもしれない。私はそう感じています。

この記事の関連テーマ

タグ

『少年ジャンプ』200万部割れの深層

このテーマを見る