権力の腐敗、不正を告発しようとする人物がいれば、まずはその言葉に耳を傾け、検証した上でそうした声を拾い上げていくのがメディアに求められる役割のはずだ。ところが、告発者を“抹殺”したい政権にとって、都合のいい情報が真っ先に報じられる──そんな状況が今、この国に生まれている。

 安倍政権を揺るがしかねない加計学園問題。その解明のキーマンが政権の思惑に歩調を合わせたメディアの“標的”にされているのではないか。そんな懸念を抱かせる経緯だ。当事者である前川喜平・前文部科学事務次官は静かに口を開いた。

「加計学園の獣医学部新設に至る政策決定過程には大きな問題がありますが、メディアがそれを報じてくれないと国民は何が起きているか知ることができず、政治へのコントロールが利かなくなる。メディアが権力に支配され、権力に都合のいい情報しか流さなくなってしまうと、状況は本当に危機的です」(前川氏)

 文科省の事務方トップを務めた経歴を持ちながら、政権に異を唱える告発に踏み切り、注目を集める前川氏。

 だが、告発に先立つ5月22日には読売新聞の朝刊社会面において、〈前川前次官 出会い系バー通い〉という見出しで、前川氏が次官在任中に新宿・歌舞伎町の出会い系バーに出入りしていたことが報じられた。8段ブチ抜きの“スクープ”だった。
 菅義偉・官房長官は報道当日の会見で、「事実関係について政府としては承知していない」としながらも、「国家公務員というのは国民全体の奉仕者であって、公共の利益のために勤務し、かつ職務の遂行にあたっては全力でこれに専念しなければならないと思っている」と暗に前川氏を非難した。

 教育行政のトップだった文科省の事務次官が〈売春の温床〉(読売)だという出会い系バーに通っていた真意についての前川氏本人の説明は後述するが、注目すべきは安倍官邸がその事実を、“かなり早い段階”で把握していたようであることだ。前川氏はこういう。

「(次官)在職中だった去年の秋頃、杉田和博・官房副長官に『君、そんなところ(出会い系バー)に行っているのか。今後注意しろ』といわれたことがあった。どうして杉田さんが私の個人的行動を知っているのか疑問に思いました。やましいことはしていないが、『ご心配をおかけして申し訳ありません。もう行きません』といいました」

 前川氏は買春も未成年との淫行もしていないと説明し、出会い系バーへ行った理由はあくまでも「彼女たちに食事をおごって身の上話を聞いた」と語っている。官邸はこの時点では、前川氏を不問としていたわけだ。それがなぜか、退任後の今になって大手紙に報じられ、官房長官から批判の的にされた。

 前川氏が「国家に狙われる男」になった──それが理由ではないのか。

関連記事