井沢元彦(作家)


 正確に言えば織田信長は天皇になろうとしたのではない、それを超えた存在である神になろうとしたのである。

 日本は神の子孫である天皇が治める国である。この絶対的ルールが確立された飛鳥時代以降、中国や西洋のような王朝交代は日本で無くなった。壬申(じんしん)の乱のように天皇家内部の政権争いはあったが、天皇家の血を引かない人間が、天皇を殺して自ら天皇になることは絶対に不可能になったのである。なぜなら天皇家以外の人間は「神のDNA」を継いでいないからだ。

 そこで藤原氏は自分の娘を天皇家に嫁がせ、生まれた子供を天皇にするという手段で何とか権力を掌握した。その究極の形が関白で、関白とは本来臣下であるはずの藤原氏が実質的な皇族扱い(敬称は殿下)となり、いわば準皇族が天皇の権限をほとんど代行するという形で天皇家の権限を奪ったのである。

 これに対して新興勢力である武士は、天皇から武士団の棟梁(とうりょう)が征夷大将軍に任命されることによって、実質的に日本の統治権を委任されるというシステムを考え出した。これは幕府政治あるいは将軍制と呼ばれるべきもので、だからこそこの制度は幕府の長である将軍、徳川慶喜が天皇家に「これまでお預かりしていた統治権を返還する(大政奉還)」という形で終止符が打たれた。
織田信長像(模本、東大史料編纂所蔵)
織田信長像(模本、東大史料編纂所蔵)

 しかし関白にせよ将軍にせよあくまで天皇代理であり、その権限は天皇に由来する。しかも関白は藤原氏の選ばれた家柄(近衛、鷹司など五摂家)、将軍は武士の中でも源氏の嫡流しかなれないというルールも生まれた。だから鎌倉幕府の源氏将軍を実質的に滅ぼした北条氏も、源氏に代わって将軍になることはついにできなかった。

 その源氏の嫡流と称する足利氏が北条氏を滅ぼして将軍の座を奪ったのが室町幕府である。だが、さまざまな構造的原因によって室町幕府の統制力は失われ、本来武士の棟梁であるはずの将軍の命令を誰もがきかなくなり、大名同士が勝手に私闘を繰り返したのが戦国時代である。

 多くの人が誤解しているが、いくら戦国時代だからといって藤原氏でもない源氏でもない人間がいきなり関白や将軍にはなれない。ましてや、そうした旧来の仕組みを全く利用せず新しい権力体制を築こうと思えば、日本においては「神になる」しか方法がないのである。繰り返せば天皇はなぜこの国の主権者なのか、それは天皇は天照大神という神の子孫であり、その神の子孫がこの国を治めるというルールが古代に定まってしまったからだ。関白あるいは将軍も、その天皇の代理であるからこそ権威がある。