2017年06月08日 9:00 公開

ジェイムズ・クラッパー前米情報長官は7日、豪キャンベラで豪記者協会の前で講演し、ワシントンで今起きていることは、リチャード・ニクソン大統領の辞任につながった1970年代前半のウォーターゲート事件よりもはるかに深刻だと述べた。昨年の大統領選でロシア当局とドナルド・トランプ大統領の陣営が結託していたという疑惑について、クラッパー前長官は言及し、ジェイムズ・コーミー前連邦捜査局(FBI)長官が8日の上院情報委員会公聴会で、ロシア疑惑捜査に関するトランプ氏とのやりとりについてどう証言するのか注目していると述べた。