2014年10月に最も進んだステージのすい臓がんが発見され、余命数か月であることを自覚している医師・僧侶の田中雅博氏による『週刊ポスト』での連載 「いのちの苦しみが消える古典のことば」から、仏陀の「信仰を捨てよ」という言葉について田中氏が解説する。

* * *

 仏陀(目覚めた人)が説法を躊躇していたときに、梵天(世界の創造主)が説法を勧めたという話(梵天勧請説話)です。中村元著『ゴータマ・ブッダ』では「耳ある者どもに甘露(不死)の門は開かれた。〔おのが〕信仰を捨てよ」と訳されています。

 ここで〔おのが〕とあるのは中村博士の解釈で、原文は「信仰を捨てよ」(パムンチャントゥ・サッダム)です。私は「信仰を捨てよ」の意味は「信仰〔そのもの〕を捨てよ」という意味だと思っています。

 私が梵天勧請説話に注目して仏教を解釈したのは昭和61年に栗山秀純師との共著『科学時代のヨーガ』を出版した頃でした。北條賢三師の講義で、サンスクリット(古代インド標準語)のデーヴァ(神、通常は梵天のように「天」と訳される)に継る古い印欧語(アーリア民族に発した言語)が古代ペルシャ語ダイーヴァを介してギリシャのダイモーン(神)に継っているような話を聞き、お釈迦様に語りかける梵天(ブラフマー・デーヴァ)とソクラテスのダイモーンの「心の内に語りかける神」という共通性に夢を膨らませたものでした。

 その頃、ハワイ州立病院で12年間チャプレンをしていた浄土真宗の小泉敬信師等と国立がんセンター関係者達と「仏教ホスピスの会」を立ち上げ、築地本願寺で「癌患者・家族語らいの集い」を毎月開くようになりました。

 死が現実のものとなった癌患者の「語り」を傾聴し、患者本人が自分の人生の物語を完成する手伝いをする。そして、本人が自分の人生に価値を見出す。これがホスピス運動の提唱者シシリー・ソンダースが目標にした「死にゆく人の尊厳」です。自分の死を超えた価値、それこそがその人の「宗教」です。宗教の自由が保障されるべきで、信仰の押し付けは禁じられます。
 明治時代に西洋の言葉の翻訳語として「宗教」が使われて「信仰」と誤解されるようになりました。「信」と漢訳されたサンスクリットは4つありますが、ヒンドゥー教で神への信仰を意味するバクティは仏典には出てきません。梵天勧請説話でもサッダです。サッダはサンスクリットではシュラッダーで信頼を意味します。

 お釈迦様が説法を決意した当時、インドには婆羅門と沙門の2種類の宗教者達がいました。このうち沙門はインドの神々を認めない出家修行者です。彼らは「不死」を求めてヨーガの修行をしていました。お釈迦様は婆羅門にではなく沙門に対して説法を決意したので「バクティを捨てよ」とは言わなかったのです。

 他に、信解と漢訳され理解するという意味のアディムクティ、浄信と漢訳され偏見をもたないという意味のプラサーダがあります。偏見を持たずに、お釈迦様が説法された四諦(第1~6回参照)を理解するのが仏教の「信心」なのです。

●たなか・まさひろ/1946年、栃木県益子町の西明寺に生まれる。東京慈恵会医科大学卒業後、国立がんセンターで研究所室長・病院内科医として勤務。1990年に西明寺境内に入院・緩和ケアも行なう普門院診療所を建設、内科医、僧侶として患者と向き合う。2014年10月に最も進んだステージのすい臓がんが発見され、余命数か月と自覚している。


関連記事