若狭勝(衆院議員)

 昨年の都知事選において、私が自民党東京都連の指示に反し、小池さんを応援したのは、東京都政を含めた政治全般の今後のあり方を考察するに、小池都知事の誕生が極めて重要であると思ったからです。

 これまで日本の政治は、いわゆる「しがらみ政治」が脈々と続いてきています。

 もともと、日本社会では、「黒白の決着をあえて付けないとか、互譲・妥協・忖度(そんたく)・根回しで物事を動かす」などの曖昧な文化が受け入れられてきた面があるため、「しがらみ政治」がそれほど糾弾されずに続けられてきました。

 ここにきて、法律の分野では、明治時代に制定された、民法の一部(債権部分)が120年ぶり、刑法の一部(性犯罪部分)が110年ぶりに改正されることになりました。時代の変化で、明治時代の価値観が法律面では一部修正されたのです。

 にもかかわらず、政治分野では依然として「しがらみ政治」が続き、国政においても「しがらみ政治」を背景に、いろいろな問題が次から次へと噴出しています。

 そもそも、「しがらみ政治」というのは、


(1)利権構造になじみ、特定の人・団体の利益の便宜供与に結びつきやすい

(2)決定過程のいわゆる「見える化」に乏しく、透明性を遠ざけ情報公開に消極である

(3)税金の使途についても、都民・国民目線に立たず、無駄が多く、コスト意識が少ない

(4)議会が活性化せず、議員がなれ合い・ぬるま湯政治につかっている

(5)旧来体制の維持に強い価値観を置き、新しいシステム等の提言には耳を傾けない傾向


 などの特徴を有し、悪弊・弊害をもたらすことになる政治の総称です。

  私は、特捜部検事などとして、これまで長きにわたり政治家の不正・汚職を追及する中で、まさに「しがらみ政治」がその原因であると思い続けてきました。

 「しがらみ政治」のもとでは、素朴な正義感が後退し、「良いものを良い」、「悪いものを悪い」と言えない雰囲気が作り出されていきます。

 例えば談合です。税金の不要な出費につながるものの、かつては「必要悪」と言って是認され続けてきました。私も含め、談合の刑事責任を追及し続けたこともあり、今では、税金の無駄遣いとの考え方が共有されるようになりました。
東京都知事選で小池百合子氏(左)の応援に駆けつけた若狭勝衆院議員=2016年7月25日、東京都三鷹市(荻窪佳撮影)
東京都知事選で小池百合子氏(左)の応援に駆けつけた若狭勝衆院議員=2016年7月25日、東京都三鷹市(荻窪佳撮影)
 こうした「しがらみ政治」から脱却し、それに終止符を打つ。利権構造を絶ち切り、公正でクリーンな政治、清濁併せのむ政治からの脱却、透明性を確保し、情報公開を格段に進める政治、都民・国民目線に立って税金を使うことを第一に考える、などの政治指針の確立が今、求められています。

 特に価値観が多様化し、各人の価値基準も異なるようになった今こそ、多くの人が共有できる、そうした政治指針が必要とされるのです。そうした新たな枠組みを構築できるのは、「しがらみ政治」からの脱却を目指す小池都知事です。

 また、日本は国連から、毎年のように「女性差別の撤廃が進んでいない」という不名誉な勧告を受けています。小池都知事が、女性として、東京オリンピック・パラリンピックを華々しく開催することによって、日本の女性の役割・活躍が相当進んでいるということを国際社会にアピールする絶好の機会になると思っています。

 上述の理由等から、小池都知事を応援しているのです。