2017年06月16日 15:24 公開

フィリピン南部ミンダナオ島のマラウイ市でイスラム教過激派による占拠が続くなか、取材していたオーストラリア放送協会(ABC)の記者が首に流れ弾とみられる銃弾を受けたが、大事に至らなかった。

ABCのアダム・ハービイ記者はツイッターで、銃弾が首に入った状態を撮影したX線写真を投稿。ABCのディレクターは、命の危険はないと語った。

防弾ヘルメットとチョッキを着用していたハービイ記者は、車の中の食べ物と水を取ろうと体を屈めていた際に「クリケットの玉が当たったような感覚」があったと語った。

同僚たちから応急手当て受けたハービイ記者は当初、何か金属片が当たったのかと思っていたが、病院で首に銃弾が残っているのが確認されたという。

「幸運にも銃弾は急所をすべてそれ、あごのすぐ裏で止まっていました」

意識がずっとあったハービイ記者には、「念のために」首の固定装具を付けておくよう医者に言われたという。

マラウイ市では先月、過激派組織のいわゆる「イスラム国」(IS)に忠誠を誓う武装勢力が街を占拠。依然として何百人もの住民が避難できない状態にあるとされる。

地元の政治家、ジア・アロント・アディオン氏は、避難したマラウイ市民が、武装勢力と政府の治安部隊との戦闘で死亡したとみられる死体が少なくとも100体残っていた、と証言したと話した。

アディオン氏は記者団に対し、「少なくとも100人の死体が前線地帯に散らばっていたようだ」と述べた。

武力衝突は、フィリピンにおけるISの主要指導者とみられる人物を、軍が拘束しようとして失敗したのを機に始まった。軍に対抗する形で、武装勢力の地元支持者たちがマラウイ市の一部に攻撃を仕掛けて人質を取り、一方のロドリゴ・ドゥテルテ大統領はミンダナオ島に戒厳令を敷いた。

フィリピン政府によると、戦闘が始まって以来、少なくとも民間人26人、警察58人、武装勢力206人が死亡した。

ロイター通信によると、武装勢力は市の3分の2を支配下に置いたと主張しているが、軍は2割程度だろうとみている。

ドゥテルテ大統領は12日の独立記念日の式典に、予定に反して姿を見せなかった。報道官は、大統領は「静養している」と述べ、「病気といったような心配はない」と語った。

ドゥテルテ大統領の公務復帰のめどは示されていない。

(英語記事 Marawi: Journalist Adam Harvey hit in neck by stray bullet