SMAPの解散から約半年。当初からジャニーズ事務所残留を決めていたという木村拓哉(44才)以外の4人の未来がいよいよ決まりそうだ。

 まず、稲垣吾郎(43才)、草なぎ剛(42才)、香取慎吾(40才)は事務所と話し合いを行い、退社の意向を伝えたという。草なぎと香取は元マネジャーの女性と行動をともにし、稲垣も元マネジャーと相談しながら、移籍先を決める予定だという。

 一方、中居正広(44才)はジャニーズ事務所に残留するもよう。事務所への恩義を返すことと、退社する3人を守る防波堤になるとの思いがあるという。今回の3人の独立について首を傾げる関係者も多い。

「元マネジャーがいくら育ての親といえど、ここまで活躍できたのは事務所に所属していたからこそ。それに、独立する3人の推定年収は1億円ほどで、きっちりお給料ももらっています。彼らの行動は筋が違うのでは、という声も聞こえます」(芸能関係者)

 彼らの決断を木村はどう受け止めているのか。5月18日(現地時間)にカンヌ国際映画祭のレッドカーペットを歩いて以降、芸能生活を始めて以来という長期休暇に入っている木村。最近は美容院を変えたり、家族でカフェで食事をする姿が目撃されている。
 その休暇中に独立の意思を見せた元メンバーの動向について、「木村さんは複雑な心境では」と語るのは木村を知る関係者。

「事務所への恩義と家族のために残留を決意し、4人に『5人でやっていこう』と言葉を懸命にかけていましたが、結局は解散という結果になり、世間からの風当たりが最も強くなったのは木村さんです。しかも、昨年末の焼き肉晩餐会には木村さんだけが呼ばれず、『木村対4人』の構図ができあがってしまいました。

 木村さんとしては自分ひとりだけでも筋を通したつもりでしたが、しこりが残ったことは事実。今回、中居さんが残留すると言われて即答できない気持ちもあるでしょう。でもそこは大人です。解散してそれぞれが選んだ道で成功してほしい、と。木村さんのそんな態度もあったからこそ、事務所スタッフも違和感なくみんなの決断を受け止められたんだと思います」

関連記事