PACO(東京都)

 最近、日本では、所謂「嫌韓本」がベストセラーになっており、韓国では、それを非常に問題視されているようですね。

 でもね、一つ分かってほしいことがあるんです。こうした本はただの悪口を書いている品のない本ばかりじゃないんです。「韓国ってこういう国」という数多の出典付きのエピソードの紹介があり、その批評や、批判が加えてついているものが大半なのです。読む人の大半はそうした韓国のエピソードに興味を惹かれて読み始めるんです。だって、日本人も韓国の皆さんの「本当の姿」を知りたいのですから。

 日本人も他の国に興味がありますから、日夜TVでは遠い海外の国の文化や習慣を面白おかしく報じる番組が花盛り。その一方で隣国韓国のことをこんなに知らなかったなんて!こんな驚くべき国が隣国にあり、それについて全く無知だったなんて!日本人は、韓国についてだけ、「びっくり情報」があまり報道されてこなかったということを知ってしまったので、今、驚いて知識を吸収しようとしているのですよ。

 心配しないでくださいね。もし、理屈に合わない悪口が書いてあっても、良識ある人々はちゃんとそれをスルーしていますよ。普通の日本人が知りたいのは、韓国についての真実なのです。

 だから、韓国の皆さんが、嫌韓本で気にしてほしいのは「韓国について嘘や誤解が書いてないか」ということなのです。不思議なのは、「嫌韓本はケシカラン!」との意見は多いようですが、「○○という嫌韓本に△△という事実に反することが記載されている」という批判が見られないことです。

 おかしいなあ。私はずっと待っています。数多の嫌韓本の「△△は事実じゃない」「△△は経緯を無視しているけど、それを勘案すれば特に矛盾はない」「これは前提が違う」等、内容についての指摘を。納得できる反論があれば、「そういうことだったのね!」と、相互理解が深まるでしょう?「だったら、この批判は言いすぎでしょう。」とか。真実じゃないことがたくさん出てきたら、そうした本の著者も読者の信頼を失いますよ。

 誇り高き韓国の皆さん。ここは国内で不満をいうんじゃなくて、威信をもって日本に対して、理論的に反論するところでしょ?私、待ってます。ぜひとも嫌韓本の内容について、「理論的に」「根拠に基づいて」反論した嫌・嫌韓本を出してくださいな。読んでみたい日本人、きっとたくさんいますよ。誤解が解けて納得なのか、さらにびっくりなのか、いずれにせよ、今までよりももっと相互理解が深まりますとも。離れたところで、にらみ合うんじゃなくて、もっと建設的に分かりあいましょうよ?

 ホント、お待ちしています。