2017年06月28日 9:00 公開

ホワイトハウスの記者室で27日、「偽ニュース」をめぐってサラ・ハッカビー・サンダース副報道官と新聞記者との間で激しいやり取りがあった。CNNテレビが先週23日にトランプ政権のロシア疑惑に関連した前日の報道を取り下げ、3人の社員が辞職したというニュースをきっかけにハッカビー・サンダース氏がメディア批判を展開。ワシントンなどを地元とする新聞モンゴメリー・カウンティ―・センティネルのブライアン・キャレム記者が「扇動的な発言だ」と反発した。