2017年06月29日 13:19 公開

YouTubeを利用する米ミネソタ州の女性が恋人を誤って射殺し、過失致死の疑いで逮捕された。検察によると、ソーシャルメディアで注目を集めようとした「見世物」のはずだったという。

調べによると、モナリサ・ペレス容疑者(19)は26日、分厚い本を胸にあてた恋人のペドロ・ルイスさんを50口径の「デザート・イーグル」短銃で撃った疑い。同容疑者は郡刑務所に勾留された。二人はハードカバーの百科事典なら、銃弾は貫通しないと思っていたという。

二人の3歳になる子供と、近隣住民30人が一部始終を目撃していたという。

死亡したルイスさんのおばは、地元テレビ局に対して、「もっと視聴者が欲しい、有名になりたい」とルイスさんが話していたと明らかにした。

「何をするつもりか聞かされて、私は『やめなさい、やめなさい、どうして銃を使うの。どうして』と止めようとした」とクラウディア・ルイスさんは地元テレビWDAY-TVに話した。

「二人は愛し合っていた。いたずらがとんでもなことになっただけ」

ペレス容疑者は、ルイスさんとの二人目の子供を妊娠中。

警察は、26日の事件を撮影していたカメラ2台を押収。容疑者は自宅外で、約30センチ離れた距離からルイスさんの胸に発砲したという。

容疑者は捜査員に、そもそもはルイスさんの発案で、自分はやるよう説得されたのだと話した。

事件に先駆けて容疑者は、「私とペドロは多分、今までで最高に危険なビデオを撮る。私じゃない彼のアイディア」とツイートしていた。

近くに住むウェイン・キャメロンさんはWDAY-TVの取材に、「みんな泣いていた。自分はあそこの木の横に立ってた。それだけだ。もう耐えられなくて、うちに帰るしかなかった」と話した。

二人は今年3月にYouTubeにチャンネルを登録。「10代で親になった若いカップルのリアルな生活」を見せるチャンネルだとうたっていた。

ルイスさんが死亡した日に投稿した一番最近のビデオには、「お祭りで怖いだしもの」とタイトルがついていた。

ペレス容疑者は9月に第二子を出産予定。息子の誕生に夫が立ち会ってくれるので、自分は本当に恵まれていると投稿ビデオで話していた。

(英語記事 US woman shoots boyfriend in YouTube stunt