小池百合子・都知事の自民党離党と代表就任で「都民ファーストの会」はいよいよ東京都議選(7月2日投開票)に向けた戦闘態勢を整えた。都議選は「スキャンダル合戦」もヒートアップしている。とくに標的になっているのが、造反組候補だ。渦中の都民ファーストの目玉候補に反論を聞いた。

 まずは小池氏の地盤・豊島区から出馬する本橋弘隆・区議(55)。自民党の方針に造反して都知事選で小池氏を応援した「7人の侍」の1人で、自民党から除名処分を受けると、都議選を前に「パワハラ疑惑」が流れ出した。
新会派「都民ファーストの会」結成記者会見で、東京都議選の第1次公認候補を受けた本橋弘隆豊島区議(右)=1月23日、東京都庁(納冨康撮影)
新会派「都民ファーストの会」結成記者会見で、東京都議選の第1次公認候補を受けた本橋弘隆豊島区議(右)=1月23日、東京都庁(納冨康撮影)
 今年2月17日、豊島区議会で本橋氏が議場の席替えに関して議会事務局長に抗議し、その10分後、同席した部下の職員が失神、救急搬送された。そのことが、「職員は本橋氏の怒鳴り声にショックを受けた」とパワハラ疑惑になったのだ。

 本誌は議会事務局がその場に居合わせた一般職員6人に行なった調査資料を入手した。

『本橋議員が事務所内で大声を出した件に関するアンケート調査結果』という仰々しい表題の文書によると、複数回答可で、「恐怖を感じた」(3人)、「恫喝だと感じた」(3人)、「大人げないと思った」(2人)とあり、さらに2人の職員がこの件を目撃した後、「体調に異変があった」と答えている。

 本橋氏が大声で怒鳴ったとすれば問題はあるが、さすがに議会事務局のアンケートの内容も大人げない。

 失神した職員にはもともと持病があったという情報もある。本橋氏には他にも盆踊り会場でのパワハラ、地元の書店での大声トラブル情報などがあった。本橋氏が言う。

「こういう状況だから出る杭は打たれるんじゃないですか。仕組まれてますよね。身に覚えがありません」

関連記事