しかしこの先、批判の図式は小池氏にも向くのではないか。小池氏は知事だが、地域政党の党首であり、東京五輪を主催する最高責任者でもある。この「3つの役回り」を一人でこなすのは容易でない。筆者が思うに最低2人の知事は必要だろう。だとすれば、小池氏は地域政党の党首を辞任した方がいい。

 というのも、この先の都政運営で一番懸念されるのは、今回の選挙で大量議席を得た「都民ファーストの会」が小池氏の子飼いの集団に過ぎないからだ。どう考えても小池知事の方針に追従する性格が強い。その集団が「判断は知事の方針に従う」というのなら、議会本来の役割を果たせるのか大いに疑問である。

 執行機関の知事は、議決機関である議会と権力分立の観点からも意図して分離する選択をすべきではないだろうか。でなければ、行政は大きく歪む可能性がある。
東京都議会本会議=3月30日、都庁(酒巻俊介撮影)
東京都議会本会議=3月30日、都庁(酒巻俊介撮影)
 一つ間違うと「会派あって議会なし」、小池派と非小池派という分断された都議会となりかねない。行き過ぎた政党政治の考え方を都政に持ち込むと、「知事独裁体制」に突き進んでしまう。予算編成権を独占する知事だけに、その地位を利用して都民ファーストの公約を中心とする「予算重点化」を図る可能性がある。多くの有権者はそんな事は期待していない。あくまで公正中立な都政運営に期待を寄せている。

 筆者は以前、iRONNAで「都民ファースト=小池百合子」、ただしそれは「きれいな包装紙に包まれたお中元のようなもの」だと指摘した。封を開けてみるまで中身は分からない。新党に期待するという意味では、筆者も多くの有権者と同じだが、過去の新党ブームは選挙が終わると萎(しぼ)み、4年後には消え去るという苦い経験があるので人一倍注意深くみている。というのも、都民ファーストという新党も、そのメンバーをみると、売りは新人の「小池塾出身者」とは言うが、半数以上は既成政党からの移籍組、今回そのままでは落選可能性が予想された面々が多いことだ。

 「玉石混交」といっては失礼かもしれないが、都議選への緊急避難、駆け込みで集まったメンバーが相当数いる。志がないとまで言わないが、どうも「選挙ファースト」の色彩が強い点が気になる。元民進系、元自民系、元みんな系といった移籍組がズラリと顔をそろえる。彼らは選挙前に移籍の理由をいろいろ弁明していたが、本音は小池ブーム(風)に乗っかりたかっただけである。首尾よく当選したので、それで目的を果たしたことになるのかもしれない。

 国政で日本維新の会から渡辺喜美氏(元みんなの党主)が離党し、民進党から長島昭久氏が離党し、自民党からも若狭勝氏が離党し、みんなが小池新党の選挙応援に入った。こうした動きがこの先、都民ファーストが国政政党を目指す際の牽引力になると想定される。ただ、「4種混合」の政党では一つの会派を維持することが当然難しくなる。4つのグループに分断され、バラバラの行動をする中小会派にもなりかねない。都議選から2年経ち、折り返しに入ると次の都議選に目が向く。すると、また当選第一主義の動きが出て分裂、移籍が始まる。都民ファーストもそうならないとは限らない。