2017年07月03日 11:38 公開

ドナルド・トランプ米大統領は2日、米CNNのロゴが頭になった相手をプロレス会場で床にたたきつけ、繰り返し殴る短い映像をツイートした。クリップは、2007年に米WWEの会場でトランプ氏が、オーナーのビンス・マクマホン氏を演出として「攻撃」した際の映像を加工したもの。

加工ビデオは先週、ソーシャルメディア「Reddit」のトランプ支持者フォーラムに投稿されたものとされる。フォーラムの参加者たちは、大統領のツイートに驚いていた。トランプ氏の個人アカウントのツイートを、ホワイトハウスが運営する大統領公式アカウントもリツイートした。

CNNは声明で、大統領がマスコミに対する暴力を扇動していると非難した。

米ABCの朝の情報番組では、共和党関係者でCNNにも常時出演し、かねてからトランプ氏を強く非難してきたアナ・ナバロ氏が、「暴力の教唆だ。(トランプ氏の)せいでマスコミの誰かが殺されてしまう」と批判した。

一方で、国土安全保障省のトマス・ボサート顧問は同じ番組で、「これを見て脅しだと思う人などいない」と答えていた。

トランプ氏は繰り返しCNNと対立し、「偽ニュース」と呼んできた。

CNNのホワイトハウス担当キャップ、ジム・アコスタ記者はトランプ氏のツイートに短く、「プロレスは偽じゃないのか」とコメントした

ホワイトハウスのサラ・ハッカビー・サンダース副報道官は6月29日の定例会見で、「大統領はこれまでいかなる形や方法でも、暴力を推進したり助長したことなどない。むしろ、まったくその逆だ」と発言していた。

CNNの広報担当アカウントはサンダース氏のこの会見発言を、トランプ氏のツイートに返信。

同社はさらに、「合衆国大統領が記者に対する暴力を促すなど、今日は悲しい日だ。大統領はそんなことをしたことはないと発言したサラ・ハッカビー・サンダースは、明らかに嘘をついていた。ウラジーミル・プーチンと初会談する海外訪問に備えるよりも、北朝鮮問題に取り組み、医療保険改革法案に取り組むよりも、大統領は自らの職責の品位にはるかにもとる幼稚な真似に関わっている。我々は自分の仕事を続ける。大統領も自分の仕事をしたらどうか」と声明を出した

トランプ氏は前日には、自分のツイートは「大統領らしくない。今の時代の大統領らしい」とツイートしていた。29日には、米MSNBCの朝の情報番組の司会者を「顔のしわ取り手術で血が出ていた」などと個人攻撃し、共和党関係者からも非難されていた。

トランプ氏は2007年、WWEのオーナー、マクマホン氏に「億万長者決戦」に出るよう挑戦され、出場した。敗者は頭を丸刈りにするという挑戦内容だった。

米国のプロレスは、あらすじが決まっていてスポーツというよりは娯楽と位置付けられている。

「挑戦」を受けたトランプ氏は、スティーブ・オースティン選手にフォールを取られた。マクマホン氏とトランプ氏は直接対決ではなく代理のレスラーに戦わせ、トランプ氏の側が勝った。しかしリングの外では演出通り、トランプ氏がマクマホン氏を「攻撃」。これが今回の加工ビデオの元となった。

試合後、トランプ氏はテレビ中継中にマクマホン氏の髪を丸刈りにした。

BBCのアンソニー・ザーチャー北米担当記者は、「トランプ氏にとっては政治プロセスはWWEプロレスのようなもの」なのだと指摘。選挙戦中も支持者に向かってまるでプロレス会場でやるように、自分というヒーロー役を応援するよう促し、自分以外のすべてを悪役に仕立てて攻撃し、会場を盛り上げていたトランプ氏は、大統領になっても同じことをしているだけだとザーチャー記者は言う。

「トランプ氏のツイートは暴力の扇動だと非難する人もいるが、支持者のほとんどはトランプ氏がおそらく意図したとおりに受け止めるだろう。つまり米政界を席巻するかつてない大人気イベントの最新エピソードに過ぎないと。現代アメリカの大統領という存在のありようが作り変えられている。これはその最新の展開なのだ」

(英語記事 Donald Trump posts video clip of him 'beating' CNN in wrestling