2017年07月04日 11:02 公開

日韓両政府によると、北朝鮮が4日午前9時40分ごろ、弾道ミサイルを発射した。

聯合通信が伝えた韓国軍合同参謀本部の発表によると、西部・平安北道のバンヒョン飛行場から発射された。

NHKによると防衛省は、日本の排他的経済水域(EEZ)に落下した可能性があると話している。

菅義偉官房長官は記者会見で、弾道ミサイルが約40分間にわたり飛翔(ひしょう)し、日本海の日本のEEZ内に落下したとみられると発表した。

安倍晋三首相は3日はドナルド・トランプ米大統領と電話協議を行い、政策をすり合わせたばかりだった。トランプ氏は同日、中国の習近平・国家主席とも電話会談している。

3首脳は、北朝鮮のミサイル・核開発終了に向けて努力を続けると合意している。

(英語記事 North Korea fires missile towards Japanese waters, officials say