2017年07月04日 9:00 公開

米バージニア州の野原には、初代から第43代までの大統領の胸像が崩れながら野ざらしになっている。歴史をテーマにした公園が破綻した後、地元の農場経営者ハワード・ハンキンスさんが救済した。自分を「像の番人」と呼ぶハンキンスさんは、第44代大統領のバラク・オバマ氏と、第45代大統領のドナルド・トランプ氏の像も追加して、いずれテーマパークを作りたいと話す。