鈴木朋子(ITジャーナリスト)

 「インスタグラム」の勢いが止まらない。インスタグラムとは、写真や動画を共有するSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)だ。ニールセン デジタル株式会社が2017年3月に発表した「SNSやコミュニケーションアプリ」の利用状況によると、国内のユーザー数は1294万人。2016年5月発表の同社の調査によると、2015年から2016年にかけての増加率は84%で1092万人と、その後も着実にユーザー数を拡大していることがわかる。

 特に特徴的なのが、若い女性からの支持だ。性年代構成を見ると、インスタグラムの30%が18歳から34歳までの女性であり、LINEやフェイスブックとは明らかに異なるユーザー属性を持つ。
インスタグラムの画面
インスタグラムの画面
 若い女性たちのインスタグラムに対する熱意はすごい。彼女たちは「インスタ映え」(インスタグラムに投稿すると注目を集められる写真)を求め、インスタ映えするスイーツを提供するカフェに長時間行列する。インスタグラム上で人気な人は「インスタグラマー」と呼ばれ、その生活スタイルは憧れを呼び、愛用品を入手するファンも多い。そんな彼女たちをターゲットに、飲食店は撮影用の壁や照明を用意し、インスタグラムによるクチコミ効果を狙い、女性誌は自撮り用のライトを付録に付け、「いいね」をもらえる写真の撮り方や加工のコツを紹介する大特集を組んでいる。

 ここまで若い女性を熱狂させているインスタグラムとは何なのか。

 インスタグラムは前述の通りスマートフォンで画像や動画を投稿し、コミュニケーションをとるSNSで、写真全体の色味を変更したり、トリミングや回転といった基本的な加工機能を持つ。好きなアカウントを「フォロー」すると、自分のホーム画面に投稿が表示されるようになる。投稿主とは「いいね」やコメントで交流することができる。

 実はインスタグラムは最近始まったサービスではない。2010年にアメリカのベンチャー企業がiOS用のアプリをリリースしたのが始まりだ。色調や彩度などを簡単に加工できる「フィルター」機能を持ち、スマートフォンで撮影したスナップ写真が作品として生まれ変わる点が写真愛好家の支持を集めていた。その後、フェイスブック社に買収され、正方形に限定されていた画像も長方形で投稿できるようになるなど、時代に合わせて機能を拡張し続けている。