原田曜平(博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー)

 若者に人気のSNS「インスタグラム」上で、芸能人が「偽装リア充」をアピールしているというニュースが相次いでいます。華やかなセレブ生活をアピールするために巨額の借金をしていたタレントのGENKINGさんや、友人と食事しているように見せるために、1人で2人分の食事を頼んで写真を撮っていたモデルの西上まなみさんがテレビ番組で言ってましたね。

 でも、これはあくまで芸能人の特殊な例で、一般の女の子の場合はもう少し小ぶりな例が多いんじゃないですかね。例えば友達同士で集まって、そんなに盛り上がってもいないのに、SNSに載せるための写真を撮るときにはみんなでジャンプをしてあたかも楽しそうに仲良さそうにみせるとか、その程度のものでしょう。

 名古屋で6月に、見た目がかわいいソフトクリームを写真だけ取ってほとんど捨ててしまっている、という写真がツイッターに投稿され話題になったけど、そういった「事件」がその後続いていないことをみると、極端な行動を起こす人はごく一部なんです。

 若い女の子たちの「承認欲求」は、SNSというツールによって可視化されることで、エスカレートしているように見えます。例えば、友達と楽しそうな写真を撮ったり、かわいいソフトクリームの写真を撮ったりするのは、日常の記録のためという人もいますが、多くはインスタグラムなどのSNSに投稿し、「いいね」ボタンをたくさん押してもらうという承認欲求を得たいからなんです。

 SNSという公衆の面前で、人が見ていることを前提に投稿しているということは、当然その場でどれくらいの人がリアクションしてくれるのか見たいという欲求がわきます。フェイスブックもツイッターも同じで、投稿したものに対してリアクションができるボタンがあるからこそ、反応が気になる、そういうツールですからね。
原田曜平氏(博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー)
原田曜平氏(博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー)
 昔は「君かわいいね」「お前いいよな」と面と向かって言われるのが承認欲求の満たし方だったけど、今では知らない人でも、遠くにいても、「いいね」ボタンがあることで、認める側もライトに「いいね」ができます。そして、認められる側も数多く、幅広く「いいね」を集められる。もともとあった承認欲求というものが表現されやすくなったんでしょう。

 いままでは、男なら飲んで酔っ払って深酒して、「実はおれ結構お前のこと認めてんだよ」と、そこまでいかないとなかなか引き出せなかったものが、いまはボタン一つでできるってこと。きっと今のおじさまたちがインスタグラムをやってみたら、同じように承認欲求を表現する行動をとると思いますよ。